デートの相手をお財布君扱いする女性は結婚できないと断言しよう

財布

デートの時に奢ってもらって当然という態度を取ってはいけない

過去のデートで必ず相手の男性に御馳走してもらっていたアラサー女性。

自分よりも年上の人とばかりとつき合ってきて、なおかつ年収も高かったので食事の度にお金をだしてもらっていて、自分はびた一文もだしたことがないという女性。

過去の恋人との延長で、婚活で出会った人とのデートの時にも、奢ってもらって当然と思っている人は要注意です

たとえば、一緒にショッピングに行ってバッグを選んでもらったり、服を見立ててもらったりするのはOKですが、イザ、レジでお金を出す際に彼にお金を払ってもらって当たり前、買ってもらって当然な態度を取るのも、そう思うのもNGです。

お金を払ってくれたとしても彼は内心、心の中では「図々しい女」だと感じているかもしれません。

彼が不愉快に感じてしまったら、いくらあなたが気に入った相手でも、次のお誘いはないかもしれません。

デートの相手の年収が高くても低くても同じことです、どんなシーンでもお金を支払ってもらったら感謝の気持ちを表しましょう。

それに、もうアラサーの立派な大人の女性です。時々は自分からお金を出して女っぷりを上げましょう。

彼がお金を出してくれることで自分に対する彼の意気込みをはかるのは大きな間違い

お金

食事代くらいだしてくれなきゃ彼氏として認めたくない。

その気持ちもわかりますが、最初は相手の経済状況がなにもわからない状態です。

相手が余裕があるのかないのかなんて、あなたにはまったくわからないでしょう?

いくら年収が高くても、それなりにお金を使わない事情があるのかもしれません。

もしも、その相手を失いたくない、これからもずっとおつき合いしていずれは結婚できたらいいなと思ったら、先ずは自分からお財布を開いてみませんか?一言「割り勘にしませんか?」といってみてください。

もちろん女性が奢る必要はまったくありませんが。

毎回支払いをしてくれる男性がいるかと思えば、その反対に女性にたかるセコビッチな男性もいます。

度を越したケチな男なんていらない

ファミレス

過去に私が婚活で出会った男性とデートした時にこんなことがありました。

ファミレスで食事をしたあと、割り勘で支払うことになりました。
彼が食べたものは1000円。
私が食べたものは850円。
二人で合計1,850円也。

食事を済ませた後細かいお金を持っていないという彼に、私が2,000円を渡して払ってもらいました。
当然おつりの150円を渡してくれるだろうとお財布のファスナーを開けて待っていた私に彼が放った言葉はこうでした。
「お金足りたよ」って。
そういったままお釣りをくれませんでした。

私「ええっ??それで終わり?お釣りはどうなったんだよー!」って心の中で思いましたが、それ以上口にだしませんでした。

なんだか、「おつり返して」とはいいだしにくい雰囲気だったのです。

150円のお釣りをもらってから、その後に彼から1,000円も返してもらうつもりでいました。
最初から割り勘にするつもりでいたし、別に奢る気もなかったので。

一体どういう神経なのでしょうか?それから彼を見る目が変わりましたね。

あとで考えると、なぜあの時強くお金返してっていえなかったんだろう?そのくらいの金額で浅ましいと思われたくなかったからか?ただ口にだすのが恥ずかしかったからか?それともええかっこしいな女だったからか。

彼はただの、タカリ男だっただけなのに。

ほかにもセコくてみみっちい、小さい男の部分が見え隠れすることが多かったのでその人とはお別れしました。

彼は自分では倹約家、節約家といっていましたが、節約とケチでは大違い。彼はケチでがめつい、セコイ男なんです。

一言いってやりたい「あんたみたいなケチクサイ男は一生結婚できないよ」と。言えるものならいいたいなあ。

ケチでがめつい男性とのおつき合いは、正直いってイヤな気分になるし精神的にきついです。

そんな男性とのおつき合いを長引かせることは、まったく持って時間が勿体ないです。

それと1円単位まできっちり割り勘にする男性もどうかと思いますね。

まとめ

男性は奢るのがあたりまえになると、デートが煩わしくなる。
お財布君だと思ってはいけない。
なるべく割り勘にする。

もしも男性が割り勘を遠慮して、毎回お金をだしてくれる人でも数回に一度は女性がお金をだす。

これが結婚へとつながる交際を続けさせる秘訣の一つだと思います。


PAGE TOP