結婚したいと思った相手と一度はお酒の席を共にしよう

カクテル

結婚を真剣に考えるなら一度お酒を飲ませてみましょう

ウィスキー普段からお酒を口にすることのない男性、お酒の飲めない男性、いわゆる「下戸」(げこ)なら気にする問題ではありませんが、そうでない人なら食事の時にお酒を飲ませてみましょう。一度飲んでいるところを見てみましょう。

なぜかと言うと彼が「酒乱」かどうか見分けるためです。

酒乱までいかなくても、お酒を飲んで楽しい酒にならずにネガティブな方向にいってしまう人、つまり、涙酒・悲しい酒(まるで演歌みたいですが、お酒を飲むと泣き上戸になる人)、飲んだら愚痴や不満ばかり吐き出す人、一緒に飲んでて不愉快な気持ちにさせる人ではないかを見極めるためにも、数回お酒の席を共にしてみましょう。

 

お酒を飲むと人となりが分かる

普段は優しく穏やかな好青年でも、お酒を飲むことで全く違った性格の凶暴な人に豹変してしまうこともあります。
普段はあなたに見せたことのない最悪な状態になるということです。

お酒がただ好きなだけでなく酒量をコントロールできないため泥酔してしまい、その際暴れたり喧嘩を吹っ掛けたりしてしまったりするが、酔いがさめたら本人は全く覚えていないことが多いのです。
これって、非常に危険な上に周りの人に迷惑ですよね。

また、酔っ払い・酒乱の特徴として、話がくどい、人の人格を否定するような酷いことを平気で言うなど。

素面になったら猛省するものの、また後日飲むと同じ過ちを繰り返す。

そんな人は基本的にお酒が好きなので、お酒自体は辞められません。

酔っぱらって泥酔して暴れる男性は本当に恐ろしいです。
傍にいる人はいつ殴られるか、いつとばっちりを食らうか戦々恐々としていなくてはいけません。

完全なブラックアウトな状態で殴られて大けがをしても、覚えてない、記憶にまったくないといわれたらそれまでです。

このように酒乱は周りの人にも大迷惑を掛けるし、最悪警察沙汰になることもあります。

今後一切飲まない約束をしてもらったとしても、長い人生ですからいつお酒を飲む機会が訪れるかわかりません。

こんなことを繰り返す人とはやっていけないと、離婚という文字が頭がよぎるかもしれません。

 

私が出会った酒乱な男性たち

酔っぱらった男性私も婚活で知り合った方二人ほどが酒癖が悪い人だった経験があります。

一人目の人は酒乱ではありませんでしたが、一緒に食事をして驚きました。

美味しい料理をとワインを堪能しながら楽しく話をしていたのですが、段々お酒が入ってくると、ろれつが回らなくなって終いには何を喋っているのか殆どわからない状態でよだれまで垂らしていました。

その日は寒くて雪が降っていたのですが、外に出て雪の上で座り込まれて梃子でも動きません。
そのうち酔い潰れて眠ってしまい、置いて帰るわけもいかず途方に暮れてしまいました。

私もお酒が大好きでかなりの量を飲みましたが、おかげでまったく酔えず、酔いがスーッと覚めていくのがわかりました。
いい人だなあと思ってただけに彼の違った一面を見て大ショックでした。

二人目の男性は、休みの日に一緒にディズニーランドに行ったり美術館に行ったりとイイ感じでデートを重ねていたのですが、この人もまた、居酒屋に行った時に段々お酒が入ってくるうちに豹変してきました。
ところ構わず大きな声を出す、目が座ってろれつが回らない。時々泣く。

もう勘弁してください。
ホントに疲れました。このような男性と結婚したらこの先どうなるか十分想定できます。もちろん交際はお断りしました。

 

酒乱の人との婚姻の継続は不可能

もしもデートの時酒の席で酒乱の兆候が見えたら、フェードアウトするべきです。どんなに彼の年収が高くても、どんなにいい人でもです。
お酒って不思議ですよね。
いくら飲んでも顔色一つ変わらない人や(私もそうです)、まるでお酒など飲んでないように態度も素面の時と同じ人がいます。
「あの人はお酒さえ飲まなければいい人なのにね」と酒乱の人はいわれることが多いようです。

その通り、普段は真面目で努力家で仕事も一生懸命する。
ですが、普段優しい彼は自制している彼で、ホントの姿はお酒を飲んで暴言を吐き出し暴れる暴力的な人です。
普段いい人を演じてる分(我慢している分)不満やストレスが溜まり、お酒を飲んだら爆発するのかもしれません。

おつき合いの段階で彼の酒癖をよく見抜いて、上手な飲みかたができない人なら早い時期におつき合いをやめる覚悟も必要です。

結婚に焦ったとしても、お酒以外ではいい人だからと彼がお酒を飲んだら豹変することを容認して結婚しても、離婚か我慢という選択肢しかない最悪な結果になりかねません。

婚活サイト比較で安心して使える婚活サイトを見つけよう

photo credit: Dustin Diaz via photopin cc


PAGE TOP