婚活バーってどんなところ?

婚活バーってどんなところ?

婚活バーは紳士・淑女の社交場?

バーでお酒を飲むカップル婚活バー(シングルスバー)とはその名の通り出会いを求める独身の男女が集う会員制のバー(bar)のことです。
男女がお酒を飲みながら自由に会話を楽しむ大人の出会いの場です。

まだ首都圏を中心に全国に数店舗しかないそうで(2013年現在)、行ったことがない人も多いかと思います。

主に会社帰りに立ち寄る人が多く、参加者はOLやサラリーマン、自営業の方が中心で参加時の服装は男性はスーツ、女性は派手過ぎないオシャレな服装で参加する方が多いようです。OLなら会社の通勤服でOKだと思います。

女性ですと、婚活バーに向かう前にパウダールームで髪をヘアアイロンで巻いて整えたり、バーの中は少し薄暗いので仕事中より少し濃いめのメイクを施して行くのもいいかと思います。

婚活バーの多くが会員制となっており、初回のみ会員登録のための免許証や名刺などの提示が必要になります。
入会には特別な資格などなく、お店によっては簡単なプロフィール登録と好みの異性についてのアンケートを記入するところもあります。

お店の雰囲気はラウンジのような高級感ある内装で、テーブル席やカウンター席で構成してあります(バーによって雰囲気やお店の造りは異なります)。

バーと聞くと、カウンター席だけの小さなお店を想像するのは私だけでしょうか。お店の中は意外と思ったよりも広くてキレイな印象のバーが多いようです。

 

料金は基本女性は無料か低料金です

赤ワイン男性は入店料やテーブルチャージ、自分の飲食料がかかることになりますが、女性は多くの場合基本的に無料のようです。
男女同席して会話を楽しんだ後は女性側の料金も男性が負担することになります。
したがって、男性はかなりの負担金になりそうです。

しかし、男性とお話をしないで結果最後まで一人で飲んでいたとしても女性は基本無料のバーもあります。
その辺りは、お店にシステムを確認してから行くようにしましょう。

お店に入ったらスタッフの誘導で席に案内されます。気に入った人がいればスタッフに引き合わせてもらいその後会話を楽しめます。

中には一人で来て普通にお酒を飲んでいる男性もいます。気に入った相手が現れるまで本を読んだりスマホを触ったりして過ごしている方も。

どちらにしても婚活バーでは女性は無料、若しくは比較的低価格でカジュアルに出会いの場に参加できるというメリットがあるので、会社帰りに友人と気軽に参加してみてもよいと思います。

例えば、居酒屋などで女性同士のグループ数人で飲んでいて、隣に座った男性グループと意気投合して、同じテーブルで合流して飲むことってありますよね。気の合った同士の即興のコンパのようなカタチ。それと似たような感じでしょうか。

少し違うのは、婚活バーでは男性が確実に女性の料金を負担するということです。

ただし、男女共に気軽に参加できる婚活バーこそ「独身」以外の異性が暇つぶしや友人に誘われて来ている可能性もなきにしもあらずです。

警戒しながら参加することをお勧めします。

婚活バーで、飲み友達を探すくらいの軽い気持ちで行ってみましょう。
休日前の夜に一人で家飲みするより、人の集まる場所で誰かと話したいと思ったら婚活バーを利用するのもいいかもしれません。

もしかしたら、思いもよらない本気の出会いがあるかもしれませんよ。
婚活バー(シングルスバー)に女性1人で行ってみる
 
婚活バー(シングルス・バー)ってこんなところです↓

photo credit: Stuck in Customs via photopin cc


PAGE TOP