低収入男性との結婚

お金がない

養って欲しい女性、共働きを切望する男性

ここ最近、20代女性に専業主婦思考が高まっているそうです。

理由は「今の仕事を続けるのがつらい」「家事と仕事の両方はイヤ」といった「働きたくない」「楽したいから」が大半だそうです。

20代ではありませんが、私だってそうしたいです、できることならば。

一昔前の男性は「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきである」の考えであったものが今の時代は、「結婚しても働いてくれるよね」と切望する男性が増えているそうです。

養って欲しいと切望する女性と、養ってあげることができない男性との思考のギャップが、結婚を遠ざけているのかもしれません。

婚活では、まず相手の年収に目がいきます。
相手のことをなにも知らないので、最初に一番気になるのが相手の収入というのはよくわかります。

えげつない話でもなんでもありません、結婚生活において収入ありきです。
収入が少ないより多い方がイイに決まってます。

実際高収入、お金持ちの男性は女性を選ぶチャンスが多くあります。お金があるからこそ、若い女性や美人をゲットできるといっても過言ではありません。

ただし、高収入の男性との結婚を願う女性も、これはあくまでも希望であり、現実問題必ず実現できるわけではないとわかっているはずです。

あなたが、もしも年収600万円の男性との結婚を希望していたとしても、年収が400万円でも自分の希望に叶った理想的な男性であれば、年収面は妥協してでも相手と結婚したいと思いませんか?

お金持ちでも俺様なモラハラであなたを支配し、家事育児を一切手伝わない男性よりも、あなたの希望する年収に届かなくても、性格が良くて思いやりがあって、家事育児を率先して手伝ってくれる男性の方がいいと思いませんか?

そういった男性と結婚する方が精神が安定し、愛されている実感を得ることができることでしょう。

お金も大事だけど将来夫となる男性の人柄も大事

カップル

あなたの希望通りの年収を稼ぐ男性でなくても勤勉で健康、働き者で有言実行、なによりもあなただけを見て大切にしてくれるのであれば、お金持ちでも女性にだらしない、借金や暴力を振るうモラハラな男性よりよっぽどマシです。

それに、お金持ちは案外ケチかもしれませんよ。自分に投資するのは出し惜しみしないけど、釣った魚(妻)に餌をやらない金持ちもたくさんいます。

収入が少なくても、夫が真面目に働いてくれていれば文句も出ません。

月の生活費が足りなければ、妻が家計を助けるために働けばよいのですが、もしも働けない事情があるのなら、それなりに節約して家計を管理していれば生活は成り立ちます。

時には旅行や贅沢だってできるかもしれません。

子育て期間は節約をしながら、夫だけの給料だけでやりくりした後、子育てがひと段落したらパートに出るスタンスが望ましいでしょう。

できれば、夫婦でそれぞれが仕事を持ち収入を得て、個々のライフスタイルを確立していくスタイルを取ることがベストです。

上を見ても下を見てもキリがないので、人と比べることをせずしっかりと自分達の生活と向き合っていくことが、結婚生活がうまくいく秘訣です。

お金さえあれば幸せになれるわけではない

経済力だけを重視して結婚相手を選ぶことは、高いリスクを背負うことになります。

もしも仕事がうまくいかなくなって収入が途絶えてしまうと、経済的に頼れなくなり一緒にいる意味(高収入だから結婚した)がなくなります。

長い長い結婚生活です、人生は山あり谷あり、この先なにが起こるかわかりませんものね。

高収入の男性だからって、その人と結婚すれば一生安泰だと思ったら大きな間違いです。

一流企業に勤めて年収が高いことが自慢な旦那様が一転して、会社を退職してラーメン屋を始める、当然君が手伝うんだよ。パートなんて雇う余裕なんてないからね。反対しても無駄だよ、僕は絶対にやるからね。

なんて突然宣言されることだってあるんです。ホント、人間先のことはわかりませんよね。

夫婦がおたがい年老いた時に「この人と一緒になって良かった」と思える人と結婚することが一番幸せだと思いますよ。


PAGE TOP