ダサい男性を自分好みの男に改造する方法

a man
女性の扱いが上手い、見かけも普通~モテるタイプの男性は婚活の世界には存在しません。(おそらく)

女性が喜ぶ術を身につけていて、スマートにエスコートしてくれ、会話も上手、しっかりとデートプランも立ててくれるような男性は、婚活しなくても女性に不自由しません。

もしもそのような男性が婚活の場所にいたら、性格に問題があるか、理系男子で奥手、自分がハンサムだという自覚がない、周囲に女性がいないため普段から女性に縁がない、もしくは遊び相手を探す体目当ての男性か既婚者のどれかでしょう。

 

ダサくても光るものがあるのなら磨いてあげる

man
あなたの結婚相手にふさわしい男性は、月並みですが「誠実な男性」でしょう。

楽しいだけの交際相手なら、ルックスや見かけにこだわるのもわかります、しかし、結婚となると一緒にいると楽しいだけの上辺だけが整った中身が薄い相手では困ります。

年収もクリアしてるし、性格も好き、価値観が近くて趣味も合う申し分のない素敵な男性なんだけど、「外見がイマイチタイプじゃない」という場合、そのような理由で1度会っただけでお断りを入れるのは惜しい気がします。

もう少しがんばって、後2度くらい会ってみて気が合いそう、一緒にいて安らぐ相手だと認識したら、彼の外見を改造してあげて自分好みに近づけることも1つの方法です。

女性が化粧で素顔とは別人のように変わる人がいるように、男性も髪型や髭、服装を変えるだけで別人のようにイイ男になる人もいます。

 

人は好みの人ばかりを好きになるわけではない

ネクタイ
ここで何度も書きましたが、タイプじゃなくても「生理的に受け入れることができる相手なら結婚相手によしとしましょう」ということです。

自分の心底好みの男性が現れるを待っていたらいつになるかわからないし、運よく現れたとしても必ずしもその相手と結婚できるわけではありません。

彼を受け入れることができるのなら、後は、自分好みの男性に改造すれば、ダサかった時の彼よりは、「スキ度」がアップすることでしょう。

たとえば、一重まぶたの男性よりもぱっちり二重まぶたの男性が好みだったとしても、一重まぶたでも切れ長のまぶたが男らしくて、目力があれば「あ、なんかこの人いいかも」と思えるかもしれません。

ヘアスタイルを変えて髭を伸ばしたら雰囲気がよくなったってこともありますから、女性もメンズ雑誌などを見ながら研究し、彼のために協力してあげましょう。

 

ヘアスタイリストとショップの店員さんに協力してもらう

hairdresser
顔やルックスで結婚相手を選ぶわけではないけど、あまりにもダサすぎるのは論外です。

一緒に歩いて恥ずかしくない、思わずこちらから手をつなぎたくなるような彼に変身してもらいましょう。

まずは、自分の行きつけの美容院でもいいので、担当のヘアスタイリストに彼の話をして、似合うヘアスタイルを作り上げてもらえるように相談する。

床屋さんにしか行ったことない彼だったら、美容院など恥ずかしいと抵抗をするかもしれませんが、そこはなんとかうまいこと説得して彼を連れて行きましょう。

その時、決して彼を怒らせたり不機嫌にさせたりしないように気をつけましょう。

男性は非常にプライドの高い生き物です。あまりに上から目線で「今のあなたはダサすぎる」などダメだしすると傷ついて自分の殻に閉じこもってしまいかねません。

彼のためを思ってしたことで(自分のためでもありますが)、怒らせて交際のお断りをされてしまっては悲しすぎます。
 

man

 
メンズヘアのスナップ本を彼に見せて、「あなたにはこんなスタイリングが似合いそうよ、でもね、このヘアスタイルは理髪店では作れないから、美容院に一緒に行こう」などといって、彼を連れだしましょう。

あなたのことが好きなら、渋々でも一緒に行ってくれるでしょう。

髪型をセットする男性カットしてパーマをかけていい感じに別人に変身したヘアスタイルを彼自身が気に入れば、今後は黙っていても自分から美容院に足を運ぶのではないでしょうか。

ファッションも自分のこだわりというものがあって、今身につけているブランドから浮気ができないなど、なかなか冒険心が持てないのも頷けます。

しかし、こだわりもなにもない、母親が買ってきたわけのわからないデザインのTシャツを着て、ジーンズを履いて満足する男性もいます。

服ならなんでもいい、洗濯さえしてあれば問題ないと。

ですが考えによっては、そのような男性ならとても簡単です。

彼に着てほしいテイストの服を着てもらい「めっちゃ似合うね」「素敵~」と刷り込む作戦で効果絶大です。

褒めておだてるのも1つの手。

こだわりがない分、相当奇抜なファッションでもない限り柔軟に受け入れてくれそうです。

通販で一緒に選んであげるのもいいですが、彼とお店に買い物に行き店員さんと一緒に、彼に似合いそうなアイテムを選んでもらい全身コーディネートしてもらった後、彼を褒めまくりましょう。

あくまでも、彼が気に入った服だったらの話で、彼が気乗りしないアイテムを押し付けるのは止めておきましょうね。

彼がしっかりとした安定した職業に就いて、家族を大切にしてくれる優しくて真面目な夫としては頼もしくて最高な男性だったら、ルックスがダサくてもぜひ結婚相手として意識しておつき合いしてください。

そしてあなた好みの男性に徐々に変身させていってください。

見かけなんてなんとかなるものです。

こんなファッションスタイルの婚活男性と歩きたくない

via photopin cc


PAGE TOP