美人なのに残念な行動、それは○○

喫煙する女性

婚活する男性の大半は嫌煙家

このサイトでは、婚活をするにあたって、タバコを吸うことはマイナスになるので止めることを何度も伝えてきました。
婚活する男性の大半は結婚相手にタバコを吸わない女性を求めます
自分に合った禁煙方法を考える
喫煙を止めれば出会いの確率がUPする

私は女性で嫌煙家ですが、とくに女性がタバコを吸う姿を目にするとなんだか、がっかりしてしまいます。

それじゃあ、男性ならいいのかって?もちろん男性も吸う人よりは吸わない人の方がいいに決まっています。

Q.「美人なのに残念……」と思う瞬間を教えてください(複数回答)
1位 タバコを吸っている 53.2%
2位 性格が悪い 31.6%
3位 常識がない 22.0%
3位 言葉遣いが悪い 22.0%
5位 鼻毛が出ている 18.5%

マイナビニュースの会員の男性427人の回答のうち、ダントツ1位に輝いた?美人なのに「タバコを吸う女性」は残念。「性格が悪い」よりも上回っているなんてちょっとびっくりしました。

タバコは
●体に悪い

●肌のキメが荒くなる

●老化を加速させる

●生れてくる子どもに影響しないか心配

●タバコは高い

などいろいろとデメリットがあります。

 

昔は喫煙天国日本だった

no smoking
最近見たテレビ番組で、以前は飛行機の中、電車内、病院の待合室、入院患者のベッドサイドに灰皿が置いてあった病院もある、役所内、レストランなどで当たり前に吸っていた時代があったことを知りました。

まさに喫煙天国(だった)、日本!

あの当時は、誰が今の日本の禁煙社会を想像したでしょうか?

以前、私が某マンションのエレベーターに1人で乗っている時、高齢の女性が火のついたタバコをくわえて乗ってきたことがありました。

迷いましたが、そこで注意をしました。

「エレベーター内は禁煙ですよ」とやんわりといったところ、女性は逆切れして「やかましいわい、あんたにいわれとうないわ!」と、口汚い関西弁で反撃してきました。

女性は小さなお孫さんも一緒に連れていたので、私もそれ以上なにもいわずに1階まで、タバコの煙を我慢しながらエレベーターに乗りました。

確かに、指摘されてすぐに火を消すような人なら、最初からタバコを吸いながらエレベーターには乗ってきませんよね。

その数日後も同じエレベーターに乗っていると、今度は自転車を引きながら、これまた火のついたタバコをくわえた中年女性が乗ってきたので、あわててエレベーターから降りました。

先程のおばあさんも若かりし頃は、今以上にいろんな場所でタバコを吸いまくっていたのでしょう、そして、今の「どこに行ってもタバコを吸う場所がない」ことに苛立っているのかもしれません。

 

婚活を成功させるためには禁煙を成功させる

do not smoke
上記にあるように、男性の嫌煙家がすごい勢いで増えている世の中です。

女性がどんなに美人でも、スペックが高くても、家事能力に長けていても、「喫煙する」ただそれだけのことですべてを否定されてしまうのです。とても残念でなりません。

婚活を成功させるには、禁煙を成功させるほかないのです。

私の喫煙する知り合いの女性も、交際半年くらいは彼にタバコを吸うことを隠していました。

或る日、バッグの中にあるタバコのケースを見られた途端、問答無用で別れを告げられたそうです。

いくら電話で誤って許しを乞うても、彼は絶対首を縦に振らなかったそうです。

タバコを止める努力をする旨告げても、「やめるという言葉は一切信用しない」といわれたそうです。

彼女はかわいそうなくらい、落ち込んで痩せこけていました。

本気で好きになって、結婚まで考えていた相手がこんなにタバコに対して厳しいとは、私も正直いってびっくりしました。

たとえ、相手に喫煙者だということを黙って結婚しても、タバコは隠れて吸っても、臭いでばれてしまうものです。

タバコを吸わないパートナーなら、なおさら臭いには敏感です。

喫煙中の女性

まずは、少しずつ減らすことから始めようとする人もいますが、それでは効果は薄いそうです。

お酒が入ったり、食後の一服を楽しみにしている人は、喫煙する習慣からなかなか抜け出せないので、いっそのことスパッとやめた方が成功率が高いようです。

どうしても、自力で止めることは自分は無理だというのなら、禁煙外来に行くことをおススメします。

禁煙は「我慢」です。

婚活を成功させるために必要な我慢ですが、禁煙に成功した暁には、喉はスッキリ、指先にタバコの臭いがつくこともなくなり、口臭もなくなる、お金が浮く、肌はキレイになる、体が健康になるなどのメリットが豊富にあります。

タバコを買ったつもりで毎日500円貯金をしてみるのもいいですよ。

1年貯めれば韓国や北海道など、ちょっとした旅行くらいなら行けますね。

タバコを止めようと考えている人は、ぜひがんばってくださいね。

 

photo credit: Helga Weber via photopin cc


PAGE TOP