婚活は1人の相手にのめり込まない方が早く結婚できる

花嫁

交際中でも婚約するまでは自由に相手探しができる

婚活を始めたら、たくさんの男性と会うことになります。

婚活では、基本的に交際を同時進行させるのは当たり前です。

ただし、それは最初の様子見段階の時だけです。

正式に交際開始(婚約)までは、紹介があれば何人でも会ってみるのが普通なので、複数交際になるのは仕方がないことです。

おそらく、相手の男性もあなたとデートしながら、他の女性ともやり取りしている人もいるはず。

それは、婚活サービスに限らず、友人からの紹介や自然な出会いでもそうです。

「この人だ!」と思える相手にめぐり会うまで、紹介があれば会い続けるのが婚活です。

紹介が多く、希望に沿った相手とめぐり合えるチャンスが多い人ほど、誰を選ぶか迷うと思います。

 

最初は1人に絞って交際することは避ける

feet
律儀な人なら、1人と交際していながら他の人に会うなんて無理、相手に悪いなあと感じるかもしれません。

ましてや、相手の男性があなたに対して本気モードに入っている、とてもやさしく思いやりのある男性なら尚更ほかの男性に会うことに罪悪感を感じるかもしれません。

気に入った人がいて交際が始まると、「この人と結婚したい」、「運命の出会いかもしれない」とのめり込んで、なんの確約もないのに結婚するかもしれないと、1人の人に絞って交際する人がいます。

ですが、そうなると相手から交際のお断りをされた時のショックはかなり大きく、心にダメージを負ってしまうことになります。

1人の男性に思いが強くなり過ぎると、関係が良好であれば問題ありませんが、引かれた時の落胆は計り知れないものです。

2人の関係が上手くいってても、突然連絡を絶たれたり別れを切りだされたりすることもあります。

ごく最近までラブラブだったのに、自分がそう思い込んでいただけで相手の頭の中は別れることで一杯だったのかもしれません。

婚活の世界では、数人キープをして同時進行をする方が、心の安定を図ることができます。

というか、これが婚活の世界では普通なのです。

後で交際がダメになった時の精神的ダメージを最小限にするためにも、正式交際が始まるまでは、1人の人に執着してつき合うことは避けた方がよいでしょう。

 

正式交際(婚約)が決まったら

couple
2人で結婚を前提に交際すると決めたら、ほかに交際をしていた男性たちにはお断りを入れましょう。

それがマナーというものです。

言い辛いと感じるかもしれませんが、相手も複数交際をしている可能性もあるので、婚活の世界では「断り」「断られ」はつきもの、ちゃんと納得してくれます。

もしも、相手がしつこくいい寄ってくるようであれば、無視でいいと思います。

LINEなどもブロックです。

エスカレートしてメールや電話で誹謗中傷などをしてくるようであれば、婚活サービスの会社に通報してください。

後々のことを考えたら、相手に電話番号や住所は絶対に教えないことです。

LINEやSkypeなどで連絡のやり取りをしておきましょう。

また、結婚相談所によっては、結婚を前提としたおつき合いに入れば、紹介をストップするところもあります。

ただし、正式交際を続ければ必ず結婚できるとは限りません。交際中、2人の間にすったもんだあって、結婚に至らず終了するリスクもあるということを認識しておきましょう。

 

婚活交際では3ヶ月~半年で答えを出す

couple
婚活は結婚相手を探すために活動するものです。

今更そんなこといわなくたってわかってるよ、っていわれそうですが。

だからよく考えてみて下さい。

婚活はだらだらするものではないのです。

3ヶ月~半年もつき合えば、結婚したい相手かどうか答えがでるはずです。

それ以上たっても、結婚したいのかしたくないのか決めかねる相手なら、さっさと別れてほかの人を探した方がいいと思います。

もしも、交際中に男女の関係になってしまっていたら、婚約もせずにだらだらとつき合いたがる、ずるい男性もいますので、そのような男性には未練を残さずきっぱりと切って次に行きましょう。

女性から決断しないと結婚はできません。

相手がもたもたとしているのなら、こちらから動かなくては時間が無駄に過ぎてゆくだけです。

beach

今後は、半年経っても結婚の意志を示さない男性なら、別れてドンドン新しい人に会った方がいいです。

婚約をしていないのなら、お互いまだフリーですから他の人とたくさん会ってもいいんです。

婚約といっても「結婚を前提におつき合いしましょう」という口約束だけではダメですよ。

おたがいの両親への挨拶、指輪の購入、結婚式の日取りを決めるなどのアクションを起こさなくては、結婚を前提としたおつき合いとはいえません。

具体的な行動がなく、口約束だけでは本当に婚約したとはいえないでしょう。

本当に結婚する気がある男性なら、女性が黙っていても自分から行動を起こすはずです。

相手を好きになることは「結婚の基本」ですし、よいことだと思います。

ですが、婚活の段階では1人の人にのめり込まず、保険といういい方はよろしくないですが、候補者を数人キープしながら相手と接していき、1人の人と別れてもすぐにつき合える相手をつねにキープしておくことが、結婚相手を早くみつける方法でもあります。

photo credit: jgoge via photopin cc


PAGE TOP