迷うくらいならやめておこう、迷い婚

wedding ring

その結婚、迷ったらやめておく方がいいかも

どのような結婚でも迷っているならするべきではない?

男性と出会ったばかりの浅いつき合いなら、まだ相手の嫌な部分は(あまり)見えません。

相手に自分のマイナスイメージを見せたくないから、男性も女性も最初は「地」をださずに、自身のよいところばかりを見せていますよね。

まあ、いきなり自分の本性をさらけだすことは普通しませんから、これをすればビックリされる、恥ずかしいなどの行為は、慣れがでてきた頃に自然とでてくるわけです。

交際していると、彼の本当の性格(不誠実だったり)がわかって、がっかりすることもあるでしょう。

しかし、彼から余程酷いことをされたり、性格が合わない、絶望的なことが起こるなどの大きなきっかけでもない限り、別れを決断するのは難しいことです。

せっかく見つけた相手だし、これからまた1から相手を探すのは精神的にきつい、だから少し自分が我慢すればこの結婚は上手くいくのではと気持ちを収めたり、彼の性格や行動、考え方などについていけず、彼との結婚はやめておこうと思っていたのに、彼からプロポーズをされて前向きに考えだしたり。

また、条件や人間的には理想的でも、なんとなく波長が合わなくて結婚を躊躇う気持ちがあるけど、年齢的にも1日でも早く結婚したい、周囲は皆結婚して子どもがいる人ばかりだから、自分も早く結婚して家庭を持ちたいと焦ってしまって結婚を決意したということもあると思います。

結婚のタイミングは人それぞれで、さまざまな選択の基準があります。

婚活で出会った相手であっても自然な出会いで会った相手であっても、人間誰しも本心は、心底結婚したいといえる相手と結婚したいと思うものです。

 

結婚が決まれば冷静に考えられる

typewriter
婚活で惨敗続きのあと、ようやく結婚相手に出会えた。

やれやれ、これでやっと私も結婚できる、親も安心させられる。と肩の荷が下りたところで、「本当に彼でいいのか」「これでいいのか?でもこれを逃したら次に相手を見つける自信がない」と悩む日々。

結婚は人生の節目、その後の人生を左右するかもしれない重大な問題なので悩むのは無理もありません。

実際に結婚を決めた相手との結婚生活を想像してみて、果たしてそれで自分が幸せになれるのかイメージしてみて下さい。

彼の性格のせいで嫌な思いをしたり、無理をしたり、辛い思いをすることはありませんか?

むろん、好きな相手だから結婚するのですが、彼の嫌な部分に対して辛抱できる範囲ですか?

「好き」や「愛してる」といった感情は、慣れることで徐々に薄れていくものなので、彼の苦手なところや嫌な部分をどれだけ受け入れられるかといったことは、とても大事なことなのです。

時が経てば、男と女の関係は1割、人間同士の関係が9割、つまり男女の愛よりも家族愛の方が強くなっていくものなのです。

 

相手に流されて結婚しない

couple
彼と結婚することを諦めても、今後の出会いに保証などありません。

また今後、性格に難のある同じような人と出会うかもしれません。

しかし、よくいわれる言葉ですが結婚はゴールではなくスタートです。

結婚してもスタートラインに立っただけにすぎないのです。

これから、長い時間夫婦としてずっとやっていかなくてはなりません。

「結婚する前から彼とは上手くいかないかもしれないと、薄々気がついていた」

「結婚に焦っていた」

「もっと考えて結婚すればよかった」

「結婚すれば好きになれると思った」

「もう年だからと相手に妥協した」

などと、無理に自分を納得させて結婚しても、要は結婚したいほど好きな相手ではなかったということです。

結婚生活が順調にいっていれば問題ありませんが、なにかトラブルが起こった時、困難にぶち当たった時、夫婦で乗り越えていくほどの気持ちが起こらないのではないのでしょうか?

結婚しても「上手くやっていけないかも」と考える相手とは、結婚の後に不幸せな生活が待ち受けているともいえますので、迷ったらやめておく方が正解かもしれませんね。

迷うことなくこの人と幸せになりたい、この人と幸せな家庭を築き暮らしていきたいと思う相手と一緒になる方が、幸せな結婚生活を送ることができるのではないのでしょうか。

 

photo credit: Greg Daniel Photography via photopin cc


PAGE TOP