片付けられない、整理整頓が苦手な女性でも結婚はできる

布団にもぐった女性

片付けへの苦手意識を少しづつ克服する

彼女の部屋が汚すぎると訪ねてきた彼も友人も、宅配便やピザの配達員の人たちもドン引きしますね。

宅配業者さんが部屋に入ってくることはなくても、廊下までモノが溢れかえっていたり、玄関の靴やサンダルが「一体何人家族なんだ」と思うほど散乱していたら、やはり目に留まって驚愕するでしょう。

片付けができない人の特徴は、何度片付けても同じことを繰り返してまた汚部屋にしてしまうこと、これにつきます。

汚部屋の主も、本当はキレイな方がいいのに性格上どうにもならないのでしょう。

結婚して誰かと一緒に生活するとなると、気軽な独身時代のようにすべて自分の思うまま、やりたい放題をして暮らすことはできません。

共同生活者がいるということは、おたがいが気遣いをしながら気持ち良く暮らさなくてはいけないということです。

独身時代は、脱いだ服は床に散乱し、物を押し込み過ぎて閉まらないクローゼット、押入れを開けたら雪崩のように布団や突っ込んだ衣類が落ちてくる、フローリングの上を歩けばなんだかわからないような意味不明なごみが足の裏に引っ付いて離れない、部屋の中で片方なくしたはずのピアスも探せない、時々正体不明の謎の虫に噛まれるなど、部屋の中はまるで樹海のようであり危険地帯でもあった。

こうなったら、訪問者は完全に立ち入り禁止区域です。

そんな汚部屋なので当然彼氏など呼べるわけがありません。

彼の引きつった顔を想像するだけでぞっとします。

 

どんなに注意されても片付けられない人

どんなに注意をされても叱られても、片付けられない人は片づけをしません。

ゴミ出しキレイな部屋に憧れる気持ちと、散らかった部屋にいると妙に落ち着く気持ちと両方持ち合わせている部分もあるのか、ずっとこのままでいいやと開き直る。

ずっと生涯独身1人暮らしでいいのなら、ありのままの自分でもいいのですが。

 

彼に正直な気持ちを話す

chaos
アメリカでは物を片付けられない、捨てられなくて貯め込む人のことを「ホーダー hoarder」というそうです。

hoarder(ホーダー)とは、貯めこみ、しまいこんでいる人などを意味する言葉。

片付けられない人はもちろん日本人に限ったことではなく、世界中にいます。

片付けられないのはADHD「注意欠陥多動性障害(Attention Deficit Hyperactivity Disorder)」という脳の病気のせいだともいわれており、集中力や活動性を自分の意志でコントロールできないのが特徴です。

ただ単純に、整理整頓が苦手・嫌いな人もいますが、ADHDが原因でそうなったということも考えられるということです。

もしもあなたが片付けが苦手な女性なら、結婚を考える相手には正直に片付けが苦手なことを話して、結婚後なるべく部屋を快適に保つように努力するので協力してほしいこと、理解を示してほしい旨話し合っておきましょう。

 

最大限努力すればわかってもらえる

home
キレイ好きな男性が好きになった女性が、たまたま汚部屋の住人だったら?

あなたに対して「好き」という気持ちが強かったら、部屋をキレイに片付けることを手助けしてくれ、なんとか自力で普通に整理整頓ができる女性になれるよう手助けしてくれるでしょう。

彼も、あなたが好きだから覚悟を決めます。

それでも、それは最初のうちだけですよ。

何度キレイにしても、部屋を汚すことを繰り返すと彼も呆れ果てて逃げ腰になる可能性もあります。

彼をつなぎとめるためにも、自分の名誉挽回のためにも、さらには結婚後キレイな部屋で暮らし円満な夫婦関係を続けられるように、旦那様がくつろげる空間を用意できるように、自分も最大限努力をしなくてはなりません。

いきなり自分を変えることは無理なので、できることからコツコツとやればいいと思います。

●部屋に物を増やさない。
むやみやたらに服や靴、バッグなどを衝動買いしない。

買いたい!と思っても即断は禁物です。

深呼吸をして今の自分に本当に必要なものなのかどうか、冷静に考えてみましょう。

一晩寝たら、翌日は欲しくなくなっているかもしれませんよ。(私がこのパターンです)

また、手に入れたらそれで満足して、使わず放置といったこともよくある話です。

●出したものは使い終わったら元の場所にすぐにしまう。

●帰宅して脱いだものは、すぐにハンガーにかける。

●食事の後のお皿やお茶碗は、早めに洗わないと雑菌が繁殖しゴキブリが出現する原因にもなるので、早めに洗う。

●1~2年着なかった服は今後も着ない。捨てるかリサイクルする。

●部屋から部屋に移動する時に、両手が開いていたら、部屋の中にあるごみなどを持って、ついでにゴミ箱まで捨てにいく。

●なにかをするついでに片付ける習慣を身につける

掃除も面倒なら、毎日全部しなくていいです。

夫婦二人なら大して部屋は汚れません、今日はリビング、明日はトイレなどのように少しづつできる範囲で、清潔にしておきましょう。

毎日掃除をしなくてもいいように、部屋を汚さないようにすることもポイントです。

hand

モデルルームのように部屋がきれいすぎるのは、逆に落ちつかないともいいます。

適度に清潔で生活感がある部屋の方が人はホッとして落ち着くそうです。

整理整頓ができない女性は、女らしさが欠けていると男性は感じるかもしれません。

キレイ好きで整理整頓が好きな女性なら、いい奥さんになるんだろうと男性は想像します。

ごみで溢れかえった部屋で生活をして、幸せになれるわけがありません。

徐々に整理整頓が上手くできるように、少しづつでも気がついたら片付けるように、婚活をしながら同時に整理整頓上手を身につけることを心がけていきましょう。

「ながら」が一番簡単です。

お料理しながら流し台に置いた汚れたお皿やお鍋を洗う。

お風呂に入ったついでに壁のカビを擦る。

電車を待つ間に服についた毛玉を取る(←私だけか?)

いきなりは無理なので少しずつ、そして、無理しすぎて今よりももっと片付けが嫌にならないように、徐々に片付ける習慣を身につけていきましょう。

 

photo credit: jamelah via photopin cc


PAGE TOP