お見合い写真はありのままの姿を見せるのよ~

カメラマン

お見合い写真は自分の人柄をみせるもの

婚活において、会う前におたがいの写真を見せ会うことは必ず必要です。

顔のわからない人とお見合いするのは、大正時代や昭和初期の時代のお見合いか「今夜あなたに彼氏を紹介するから居酒屋に来てね!」と友達から誘われて戦々恐々としながら、顔も見たことない相手に会いに行ことくらいでしょうか。

相手の条件もさることながら、相手のルックスも気にならないといえばそれは嘘になりますよね。

婚活で申し込まれて、いくらアプローチされても顔写真が載せていない人は話にならない、スルーしますという人多いです。

男性は美人女性を求めている人ばかりでは決してありません。

そんなことではなく、相手の写真を見てどんな雰囲気の女性なのか知りたいのです。

険のある顔、きつそうな顔、優しそうな顔、美人ではないけど愛嬌のある顔など、性格がある程度は顔にでるようです。

男性は、女性に年収や高学歴を求めるよりも、明るく家庭的でしっかりした女性を求める傾向にあるので、写真を見て雰囲気だけでも掴んでおきたいのです。

さらに、自分のタイプならなおさらテンションも上がるでしょうし。

 

盛った写真の相手と会うことは無駄骨を折るだけ

camera

写真写りに自信がない人はお見合い写真を専門とする、プロのカメラマンにお任せするのもいいと思います。

顔の表情や写真を撮る時のポーズも自分らしい自然な美しさがだせるようににアドバイスしてくれますし、プロが撮る写真の出来栄えは、素人の撮る写真の比ではありません。

肌のシミや目の下のクマなどの修正を施して、キレイな肌に写してもらえるのもプロならではの技術なのですが、キレイに撮れすぎた場合、それはそれでまた問題があります。

実物との差があり過ぎる場合、会った時に多かれ少なかれ相手に落胆や驚きがあることを覚悟しなくてはなりません。

実物を見た途端顔の表情が曇るかもしれません。

最初から最後までテンションが低いままかもしれません。

また、修正をし過ぎると自然な美しさはどこへやら、不自然な美しさになり実物との差が益々開いてしまいます。

待ち合わせの場所にとっくに着いているはずの相手がいない。となって「私はここにいます」と、もう着いているのに気付いてもらえないことほど悲しいことはありません。

実際、そこまで劇的に実物と写真との差がある人っているんですよ。

 

写真をチェンジしてみる

photo
写真を公開した途端拒否されたり申し込みがこない場合、写真を変えるのも得策です。

だからといって、盛り過ぎる不自然な印象の写真を載せても、実際に会ってもお断りされる可能性もあります。

スタジオで撮るのはコストもかかるし、そこまではちょっとと考えている人なら、友人や家族に写真を撮ってもらいましょう。

そんな時は、たくさん写真を撮った中で、一番良く写ったものの中から自分の特徴がしっかりとでていて、ありのままの自分を見せることができる、自然な笑顔のスナップ写真を載せるといいと思います。

JTrim(ジェイトリム)などの無料の画像レタッチソフトなどで、気になる個所を簡単に修正をかけることができます。

暗かった画面を明るくしたり、赤目を修正するだけでも見栄えが良くいい感じになります。

スマホにもキレイに自撮りできるアプリや肌を美しくレタッチできるアプリなんかもあります。

ですが、くれぐれも盛り過ぎないように。

盛り過ぎは逆効果です。

 

一番大事なのは実物との差があまりない、ありのままの自分を見せること

cats
ありのまま=偽りのない姿。

会った時に落胆されない、実物と大差のない自然な感じの写真で勝負することです。

美人だとか不美人だとか関係ありません。

美人、不美人は男性自身の好みの問題です。

美人を見て「そんなに美人だと思わない」と感じる男性もいれば、一般的に不美人だといわれる人を見て「キレイな人」だと感じる男性もいます。

婚活で載せるべき写真は自然な表情の自分(ありのままの自分)の写真。

派手過ぎず地味すぎず、人柄の良さがにじみでた写真なのです。

この女性となら会ってみたいと思わせる、明るい表情の写真。

これらが一番大事なのです。

 

photo credit: Kris Krug via photopin cc


PAGE TOP