無職女性の婚活…無職でも大丈夫?結婚できる?

job

無職で収入がなくても婚活を諦める必要なし

現在無職で仕事に就いていない女性はたくさんいます。

無職になったわけは、端から仕事に就く気がない、リストラで余儀なく退職せざるを得なかった、体を壊して働けなくなった、職場の人間関係がうまくいかない、仕事がきついなどさまざまです。

生活があるから就職もしたいし、いい人を見つけたいから婚活もしたいし、なによりも早く結婚しないと子どもを産むのも叶わなくなると焦る気持ちよくわかります。

できれば、就職よりも婚活を優先させたいですよね。

 

結婚相談所や婚活サイトでの女性の条件は「独身」であることだけ

female
ほとんどの婚活情報サービス会社では、登録の際に女性が無職でも、無収入の女性でも入会できるようになっています。

求職中や無職で婚活して成功している人もたくさんいます。

いい大人がなぜ働かないのか?と無職の人に対しての世間の目は冷たいようですが、若さという特権があるうちに婚活をすれば、無職でも気にしないという男性もいます。

婚活の場では、専業主婦希望者は嫌厭されるなどとよくいわれますが、誰もが妻に働いて欲しい男性ばかりとは限らず、女性は結婚したら家庭に入りしっかりと家を守って子育てをしてほしいとの考えをもった人もいるので、女性に経済力は求めない男性にとっては無職の女性でも問題ないと思われます。

ただし、職歴はあった方が有利かもしれません。

学校卒業後、親に甘えてずっと家事手伝いをしてきた人よりは、就職した経験があった方が社会の厳しさ、働くことの大変さを多少なりともわかっているからです。

プロフィールに職業を「家事手伝い」と書くと大義名分が立つので、そう書く女性がいますが実は家のことは一切やらずに親任せだった。

包丁1つ握ったことがないという人もいます。

そんな人は、急いで今からでも料理を親から習うなり、レシピを見ながらご飯を作る練習に励みましょう。

 

アルバイト・パートでも大丈夫

baker
正社員になることばかりが働くことではありません。

日本の社会では、パートやアルバイトも正社員と同等に働くことが多いのです。

だから、胸を張ってパートで仕事についているといえばいいのです。

婚活中に完全無職でいるよりも、正社員の職に就くのが困難であればパートやアルバイトで働く方がいいかもしれません。

過去に働いた経験があったり、現在もアルバイトなどで働いていれば、結婚後もしもなにかあった時に頼りになると思われるかもしれないので、完全に無職でいるよりは印象がよいかもしれません。

 

優れた家事スキルをアピールする

kitchen
結婚してもフルでパートやアルバイトは続けてほしいと懇願されるケースをのぞき、時間の短いパートや専業主婦で家事全般を任せたいと考える場合、一定以上の家事能力を求められることがあります。

家事能力の低い専業主婦希望の女性は、仕事をしたくない、家で3食昼寝付きで楽をしたいから専業主婦になったとのイメージを男性に持たせてしまうので、「家の中ことはすべて私におまかせ!」くらいの気持ちで、婚活中にでもしっかりと家事能力を高めておきましょう。

特に料理の腕は磨いておくべきです。
美味しい料理が作れる女性になる

旦那様は毎夕食にフランス料理や懐石料理を作ることを求めてはいません。

男性はシンプルなおふくろの味が好きです。

一汁三菜で汁物と主菜と副菜2種をバランスよくこしらえてあげたら喜ばれます。

男性の食べたい料理ベスト10に常にランクインする定番の肉じゃがやカレーやから揚げなどは、ありがたいことにこれらのお料理は決して難しいものではありません、レシピ片手にささっとできるものばかりですね。

何度も作って慣れてくると、レシピなど必要なくなりますし。

無職の女性が男性に選ばれるには、家事が得意という強みと夫に尽くす・いつでも夫の味方という誠実さをアピールすることが武器になります。

無職でアピールポイントがないようでは、婚活を成功させることは難しいでしょう。

ただ夫に寄生するだけの結婚だと思われたくありませんよね。

今からでも遅くはありません、独身なら自分に使える時間もあるはず。

時間を有効活用して「花嫁修業」といってもお茶やお花ではなく、「家事全般」を身につけるよう努力して婚活を成功させましょう。


PAGE TOP