結婚相手に自分のすべてをあずけない、アテにしすぎない

女性

年収700万円以上の男性を希望する未婚女性

20代の女性にアンケートを取った結果、相手に希望する年齢と年収で一番多かったのが、20代男性で700万円以上だそうです。

日本では、20代の男性で年収700万円の人はわずか3%だそうです。

とても少ないですね。年収が高くてなおかつ若い男性は、希少価値でそれだけ滅多にいないということです。

いわゆる700万円は高収入の部類に入ると思いますが(上を見ればきりがないけど)、高収入の男性と結婚したい理由は専業主婦になりたい、贅沢がしたい、いい家に住みたい、毎年海外旅行に行きたい、貯蓄に回したいなど、こういったことが実現できる可能性が高いかもしれないからでしょうか。

なにかをするにはお金がたくさんあるに越したことはないですよね、お金はいくらあっても困らないので。

お金の管理を妻に託す男性ばかりではない

ただし、金銭管理をすべて妻に任す夫ばかりではないので、その辺りも理解が必要になってきます。

男性のなかには無駄なお金は一切使わない(自分の趣味には使いまくっても)、財布の紐はしっかりと自分で握りしめている男性も多いことは確かです。夫の給料明細を見せてもらったことがなく、現在夫がいくら稼いでいるのかさえ知らない妻もいます。

20代から30代にかけて、「結婚なんてしたい時にすればいい」と考えて、いつか白馬に乗った王子様が自分のところにやってくるだろうとのんびり構えていたら、あっというまに30代も半ばに差しかかってしまった。

出産のタイムリミットも迫っていることだしと、焦って婚活をする女性が多いようです。

まずはネット婚活サイトをメインに結婚相手探し

ネットを使った婚活サイトは、まず、相手の職業や年齢、年収などで自分の希望と一致する男性がいたら、メールでアプローチすることから始めるシステムになっています。

数回のメールのやり取りでおたがい気持ちが合えばデートをして、その後ゴールインするというスタンスです。

ネット婚活サイトのエキサイト(excite)婚活は入会金やお見合い料、成婚料なしで毎月リーズナブルな手軽価格で婚活を始められます。

長い結婚生活、何が起こるかわかりません

親子

年収の高い男性とメデタク結婚して、会社を辞めて家庭に入ったとしても、彼が仕事に失敗し経済的に苦境を強いられる場合や、実は転職を繰り返すクセのある人かもしれません。また、夫が病気や交通事故に遭って収入が途絶えるかも知れません。

ひとの事情は時が経てば変わっていくものです。

そこで、彼のことをこの先経済苦になっても、ずっと愛し続けることができる相手なのか自問自答してみましょう。

高収入の男性と結婚したから、一生安泰、これで仕事も辞めて専業主婦になれると思っても、先のことはわかりません、このまま一生安泰かどうかなんて誰にもわかりません。

全面的に結婚相手に自分の身を預けて頼り切っていたら、彼になにかあって収入が途絶えてしまうと、2人して共倒れになりかねません。

年収の高い男性ばかり狙うのは危険です

結婚生活は山あり谷ありが普通なの

いつも危機感を持って、もしも彼が会社を辞めることがあっても、彼に専業主夫になってもらって、私がダンナと子どもを食べさせるぞ!くらいの意気込みを持つべきだと思います。

私は、まだ小学生の娘にもそのように話して聞かせています。
結婚したら愛する旦那様になにかあっても、あなたが家庭を支えていけるくらいの経済力を身につけなさいと。

女性が経済力を身につけることは、家族の幸せにもつながっていくことです。




PAGE TOP