女性が結婚に応じられない相手とは

stop

結婚相手は一生を共にする共同生活者

当たり前の話、結婚できたら相手は誰でもいいってわけじゃありませんよね。

おたがい90歳まで生きると考えると、およそ3分の2の人生を結婚生活に費やすことになります。

結婚は相手の人生に丸ごと乗っかることでもあるので、結婚を決断するということは大変勇気のいることです。

よく聞く言葉で「結婚はギャンブルのようなもの」とありますが、ギャンブルって博打(ばくち)や賭博(とばく)などの賭け事のことですよね。

要するに結婚もギャンブルもやって見なけりゃ結果がわからないということですよね。

結婚とギャンブルを一緒にすること自体に疑問を感じるけど、案外そうかも知れないなと思う節もあります。

結婚して相手とそれなりに幸せな生活を送れるか、そうでないかは結婚してみないとわからないということです。

交際中は表面上に現れなくて見えなかったものが、結婚生活を機に、一気に噴きだすことってあると思うんです。

蓋を開けたらDV男だった、浮気者、嘘つき、マザコン、気弱で妻子を守ることなんてとても無理だとか、口数が少なくて男気があるように見えていた人が、実はただの口下手で自分の意見がないだけの男だった。

何年つき合おうが、何年同棲しようが、見えないものは見えない、結婚したら見えなかったものが見えてきたなんてこともたくさんあります。

結婚はそう何度もできるものではないので、できるだけ離婚をせずに1回目の結婚を成功させて、幸せな結婚生活を送りたいものです。

 

恋愛と結婚は別?

glasses
恋愛と結婚は別というのは、つき合うだけならいいけど、結婚となると無理だなと相手に思うことです。

●1人ぼっちで過ごす休日がイヤだから

●ルックスがタイプじゃないけど、暇だから次の彼が現れるまでつなぎでつき合ってる

●食事を奢ってくれるから、誘われたらなんとなく行ってしまう

など漠然とつき合っているので、相手がどう思っていようと関係ない、自分としては結婚相手には程遠い相手だと思っている。

つき合うには楽しい相手だけど、彼と結婚しても幸せになる気がしないと。

 

なぜ彼のことを結婚相手として考えられないのか

shower
誰しも、結婚しても苦労するであろう相手と結婚生活など送りたくないです。そんなのまっぴらごめんです。

彼と結婚したらどうなるかが見えてくるから、結婚に踏み切れないのだと思います。

彼と結婚できない理由はいろいろあると思います。

 

●年収が低すぎる
愛があればお金なんてなくても生活できる…なんてありえません。

それって演歌の歌詞かなんかですか?

悲しいかな、人生の悩みの8割は金で解決できるとまでいわれているほど、この世はお金があれば丸く収まることが多いのです。

彼の年収が今後上がる見込みがあるのなら別ですが、このまま横ばい状態で現状維持のままだと、結婚後妊娠して自分が働けなくなったらどうなるのだろうと考えて落ち込んでしまいます。

アルバイトじゃなく正社員だったとしても、あまりにも低すぎる年収に結婚を躊躇してしまいます。

 

●育ちが悪すぎる
タバコのポイ捨てやごみを平気で道に投げ捨てるなど日常茶飯事。

余談ですが、ある日の昼下がり、赤信号で停車した車の運転席のドアが突然開いたかと思うと、運転手(おっさん)が、車の灰皿に入っていた大量のタバコの吸い殻を車道に捨てて、青信号になった途端何事もなかったように、涼しい顔して車を発進させるのを目撃したことがあります。

もう呆れ果てるやら腹立つやらで心がざわざわしました。なんですかあの人?、最低過ぎる人間ですね。

あんまり腹が立ったので、走り去る車に、目からビーム光線を放ってやりました。

また、食べる時も犬食いや、くちゃくちゃ音を立てて食べる、口に食べ物が入った状態で大きな口を開けて話をするので気持ちが悪い。

一緒に食事をすると気持ちが萎えますし、食欲減退になります。そのうえ、なぜ食べる時のマナーが悪いといわれるのか、自分で理解していないから注意をすると逆切れするので困る。

 

●極度の潔癖症
1日に2回朝と夜にお風呂に入る。

歯を磨いた後にしかキスをしない、Hの後にすぐシャワーを浴びにいく。

毎月の光熱費の請求が怖いのと、Hの後にすぐシャワーを浴びるなんて、私ってそんなに汚い?と落ち込みます。

●家事はすべて女性の仕事だと豪語する
専業主婦ならともかく、共働きなら男性も家事スキルを身につけて戦力になってほしいもの。共働きは家事分担が基本です。

「僕は家事ができません」じゃあ済みませんよ。

夫婦でフルタイムで働き、家事まですべて妻1人でこなさないといけないなんて、会社と家でどれだけ働かせる気なんでしょうか?

ironing

ほかにも、

●子どもを持たない主義。

●パチンコやマージャンが好きで店に入り浸る。

●職を転々として1つの仕事が長続きしない、転職するたび収入ダウン。

●マザコン、亭主関白、価値観が違い過ぎる。

●好き嫌いが多い偏食な男性。

などの男性とはつき合うだけならいいでしょうけど、結婚して一緒に暮らすとしんどいものがあります。

結婚生活は、楽しいことも苦しいことも共有する相手だからこそ、信頼して一緒に生活できるんです。

なにか困難にぶつかったとしても、一緒にがんばって乗り越えていこうと思える相手でないと長続きはしません。

世の中完璧な人はいませんが、一緒に暮らして不安になったり不満を抱えるような相手との結婚生活では身が持ちません。

自分を大切にしてくれて、不安な気持ちにさせない男性なら女性は一生ついていこうと思えるものです。

結婚しても幸せになれないことは、つき合っていれば見えてくるものです。

交際中は彼のうわべだけでなく、内面もしっかりと見て、彼の些細な言動も見過ごしてはいけません。

結婚を失敗しないためにも、一緒にいて違和感がある人だったら結婚することは考え直した方がいいでしょう。

photo credit: depinniped via photopin cc


PAGE TOP