婚活はお金がかかる?婚活には多少の投資を覚悟せよ

ブライダルブーケ

婚活には投資が必要です

婚活をするにあたってどのような方法で婚活をするか、人それぞれ、ふところ事情と使えるお金によって婚活のやり方が決まってきます。

婚活に投資できるお金には限りがあるから、なるべく抑えたいもの。婚活がうまくいけば、お金がかかる結婚が控えてるから。

これから婚活を始める女性にとっては、一体婚活にどれだけ費用がかかるのか、未知の世界だけあって不安ですよね。

貯金もしたいし生活もあるし、なるべく費用を抑えた婚活をしたいと思うのが心情。

 

リーズナブルで確実な婚活をするなら、インターネット上で相手を見つける、web婚活を利用すると、ひと月の会費が3,000円程度で抑えることができます。

一回、居酒屋に飲みに行くのを我慢すれば浮きますね。

安く抑えるといえば、他にも婚活パーティーや街コン、婚活者を対象にしたイベントなどがあります。

その都度参加する度に0円~数千円程度費用が発生するので、度々参加している人にとっては、お金がかかるなあと感じるのではないでしょうか。

婚活パーティーなどは女性の参加費用が安く設定されていることが多いけど、医師やエグゼクティブといわれる男性が参加するパーティーは、男性が無料で女性が10,000円~に設定されているところもあります。

10,000円以上ですかぁ。そうとうイタイ出費になりますね。

そうおいそれと、ホイホイと普通のOLさんがだせる金額じゃないです。

できるだけ高収入の男性と出会いた人は、とくに医師などの超高所得層狙いでないなら、女性の参加費がそう高くないパーティーで、男性参加者が高収入オンリーといったパーティーもあるので、そちらに参加するほうがいいと思います。

shoes

友人や知人から男性を紹介してもらったとしても、多少のお礼が必要となる場合があります。

友人なのに謝礼金を渡すのも変な話なので、食事をおごるかプチプレゼントでも渡すといいでしょう。

婚活サービスの中でも最も利用料金が高い結婚相談所ですが、お金がかかってもいいから、結婚相談所でカウンセラーに、アドバイスをもらいながら確実に自分の理想とする相手を選びたい。

プロの目で自分に合った相手をマッチングしてもらいたいと考える人で入会者が後を絶ちません。

ビックリするくらいお高い費用がかかる結婚相談所(総額30万円平均)なのに、なんで入会する人がいるんだろう?と、私は最初思いました。

結婚相談所、とくに仲人型といわれる結婚相談所は、仲人カウンセラーが人となりを見て、条件と人柄重視で、あなたに合った相手を紹介してくれます。

要するに人の手で相手を探してくれる、そして悩みを相談できる、アドバイスして叱咤激励までついてくる。

結婚相談所は少しアナログで、カウンセラーと会員とのやり取りで理想の相手を見つけるのが主です。

web婚活は、そこに人の手は入りません。最初から最後までパソコンやスマホを使って自己完結します。

サイトによってはコンシェルジュのメールサポートがつくところがあるけど、相談や悩みも電話や面談ではなく、あくまでもネット上でしかやりません。

高額であるがゆえに、それに見合ったサービスを提供してくれるのが相談所のよいところです。

wedding

相談所では、入会審査時に市区町村が発行する独身証明書を確認したり、収入が明確にわかる源泉徴収票のコピー提示を求めます。

つまり、身元がはっきりとした「確実に独身」である男性しか結婚相談所には会員登録していないことになります。

そういうわけで、結婚相談所は信頼性が高く「良い人を見つけだし、引き合わせてもらえる」といった、2人の人間性を見て合う合わないをカウンセラーが判断して紹介してもらえるところから、高額でも入会す人が多いのです。

マッチング型結婚相談所は、自分で検索して相手探しをします。お見合いのセッティングから交際から成婚、もしくは、交際からお断りまでネットでやりとりします。

成婚した場合「成婚料」はかからないけど、カウンセラーには報告後退会する必要があります。

 

結婚が決まるまでは出費が増える?デートだってしなきゃね。

cute
会費を支払って婚活サービスに入会すればそれで終わりかというと、そんなことはありません。

相談所などで定期的にホテルなどを貸し切って行われるパーティーはオプションなので、参加希望者は参加費が必要になります。

ヨレヨレのジーンズにTシャツなのどの適当なスタイルで行くわけにもいかないので、ちょっとしたオシャレな洋服代、そこに行くまでの交通費、気合を入れたい人は美容院代などの経費もかかります。

せっかく行くなら気合を入れて、うんとオシャレして行きたいものですよね。

どんな素敵な出会いがあるか、わからないもんね。

さらに、交際が始まれば交際費も必要になります。2人でどこに行くにもお金がかかるのが現実です。

お金をかけたくないばかりに、2人で缶コーヒー片手にずっと公園のベンチで語り合いますか?

たまにならそれも新鮮でいいかもしれないけど、いい大人なのだから毎回そういうわけにもいかないでしょう。

時にはゴルフの打ちっぱなしに行ったり、バッティングセンターに行ってスカッとバットを振ってみたり、映画を観て食事をしたり、ムードのあるジャズバーで音楽を聞きながらお酒を飲んだりしたい。

これらのことにはすべてお金がかかります。

毎回奢ってもらうわけにはいかないし、彼にお金をださせてばかりいたら印象も悪いですよね。

 

婚活成功の先には結婚というゴールがある

fashion
既に結婚資金を貯めているという人は別ですが、婚活と同時に貯金にも励んでいる人にとって、婚活での出費はきついものがあります。特に1人暮らしならなおさらです。

婚活を成功させるためには、婚活にどれだけ投資できるかにもかかってくるけど、節約しすぎてもせっかくのチャンスを逃してしまうし、際限なく出費しても負担がかかってきます。

お金は大事です。汗水たらして稼いだ大切なお金です。

自分の中でどれだけなら婚活に費やせるかルールを決め、費用はできるだけ抑えながら婚活を成功させましょう。

そのためには、短気集中型で相手を見つけたら、すぐに婚活を終了させることです。

仕事が忙しいから、プライベートを優先したいからと、せっかく始めた婚活を後回しにしてダラダラと婚活をしていると、いつまでも会費を払い続けていくことになります。ついでに年も取ります。

そしていつまでも結婚できないスパイラルから抜け出せなくなります。

もしも結婚を前提に交際する相手ができたら、近い将来結婚するため少しでも節約するために、派手なデートは避けて、なるべくお金がかからない場所、お家デートで家飲みする、図書館やウォーキングやジョギングなどのスポーツを楽しんで、お金がかからなくても楽しめるデートをすることをおススメします。

好きな人とならどこで過ごしても楽しいものです。違いますか?

誕生日などのイベントの時はプチ贅沢を思いっきり楽しんじゃいましょうね。

 

photo credit: Katsunojiri via photopin cc


PAGE TOP