いずれ結婚するなら早めに婚活する。遅くともアラサーまでには始めよう。

ウェディングブーケ

良縁に恵まれるのに年齢は関係ない、自分次第だけど…

女性はアラサー年代になると結婚相手には、年上よりも同年代もしくは年下の男性を求める傾向にあるけど、反対に男性は30代過ぎから年を重ねるほどに、自分よりも若い女性を求める傾向にあります。

女性で結婚相手に年上を求める人は、経済力のある人を選ぶ人が多いでしょう。

そう考えると20代、特に20代前半の女性は、婚活の場面ではいつでも引く手あまたなので、婚活するなら早ければ早いほどいいに越したことはありません。

街を歩いていると声をかけられたり、アプローチしてくる男性が多いのもこの20代という年代です。

つまりとてもモテる年代なのです。

20代女性は同年代の男性からも、40代、50代の男性からも、つまりすべての年代で人気があるので、婚活業界ではとても需要がある年齢層です。

20代前半であれば、婚活のハードルを高く設定することもできるので、専業主婦希望を受け入れてくれる人との出会いや、高所得者層の男性との出会いや、その気になれば玉の輿狙いが可能になりうるということです。

若いので紹介してもらえることも多く、職場の取引先の男性から一目ぼれをされたり、結婚相談所に入会すればお相手紹介も後を絶たないでしょう。

そして、出会った相手と、とんとん拍子に結婚への階段を上って行きます。

なかには、やさしくてお金持ち、イケメンで背が高くて誰もが聞いたことがある有名大学を卒業していないとイヤだと、自分を曲げない女性もいますが、まだまだ柔軟で若さのある20代前半なら、さらに自分に磨きをかけてレベルアップを図ることで、その願いも叶うかもしれません。

独身で金銭的にも余裕があり、自己投資ができるのもこの時期です。

美しくなるためにマナー教室、スポーツジムやピラティスに通ったり、料理教室(特におすすめ)や英会話などを習い教養も磨いて下さい。これも婚活の1つです。

 

若さを過信すると後で後悔する

girl
若くてちやほやされるのは、ほんの数年間です。本当に、あっというまですよ。

あなたがいくら美人でスタイルが良くても、職場にあなたよりも若くて素敵な女性が入ってきたら、たちまち男性達は、風向きが変わった風見鶏のごとく一斉にそちらに向きを変えるでしょう。

今までもてはやされていた自分が、次の若い女性に世代交代することになります。

しかし、その現実を受け入れられることができずに、それに不満を持ち、嫉妬して敵意をむきだしにする人もいます。

男性は、「年を重ねた美人」よりも、「美人じゃなくても若い女性」の方が好きなんです。

敵意をむきだしにしたところで若さが戻るわけでも、男性たちの目が以前のように自分に向くわけでもないのに、愚かなことです。

若さを失って見向きもされなくなった女性でも、かつてはもてはやされた時代もあったのです。

年を重ねた自分への世間の対応に、心の中で不満や嫉妬を持つことは仕方がないとしても、あからさまに態度にだせば器が小さい人間と思われても仕方がないことです。

若さは財産です。

若さはお金では買えません。

月並みなこといいますけど、ほんと、そうなんですよ。

自分が若さを失ってきて、若い女の子の肌のハリや美しさを眺めながらつくづくそう思うんですよね。

若さを失ってから「チヤホヤされていた時に早く婚活始めていればよかった」と悔いても遅いのですよ。

あの時、決めておいたら良かった、と悔やんでももう遅い。

チヤホヤするだけの男性のなかで、本気で「好きだから、結婚を前提につき合ってください」といってくれた人もいたけど、もう少し待てばもっといい人が現れるかもと、その人からの交際申し込みを断った。

でも、そのあと誰からも結婚前提の交際申し込みをされるわけでもなく、申し込まれたとしてもあの時の人以上の人は現れなかったということもあります。

あのチヤホヤされてた頃は、男性達は女性が若いというだけで優しくて親切だっただけなのでした。

 

若さと内面を兼ね備えてこそ素敵な男性にめぐり会える

光がまぶしい女性
男性が若い女性が好みであることには間違いないけど、結婚相手は若ければ誰でもいいわけではありません。

女性は、内面の良さと若さを持ち合わせてこそ、相手から惹かれるのです。

いくら素晴らしい女性でも内面的に惹かれる要素がなにもなければ、恋愛感情も抱きませんよね。

仮に恋愛関係になっても、結婚対象者にはならないでしょう。

女性だって同じですよね。いくらお金持ちでルックスが良くても、内面的に惹かれるものがなければ、なかなか異性として見ることができず惚れることもないでしょう。

反対に、内面的に素晴らしく共通の趣味が合って、一緒にいて落ち着く人でも、ニートで無職、お金もないのに夢ばかり追って霞を食って生きているような人だったら結婚対象外ですよね。

世間では熟女を好む男性も少しいますが、それでも大半の男性は若い女性が好きです。

特にセクシャルな欲求や、結婚して子どものたくさんいる家庭を作りたいと願う男性は、若い女性を求める傾向にあります。当然ですよね。

20代前半の女性と結婚すれば、2~3人くらいの子どもが望めそうですが、30代の女性であれば年齢的にどうしてもそれより少なくなりそうです。

婚活で売り手市場である20代のうちに、自分を高めて若さと行動力で婚活すれば、きっとあなたが希望するそれなりの条件を持った男性と出会えることでしょう。

条件良しの男性を見つけるのなら、遅くてもアラサーまでには婚活はじめましょう。

 

photo credit: Villa de Amore via photopin cc


PAGE TOP