条件が悪くても、こんな人となら上手くやっていける

wedding

経済力がなく家事も育児も仕事もすべて妻に押し付ける男性はバツ

もしもあなたが自分の希望する条件よりも低い男性を好きになったら

低年収、低学歴、低身長、長男(親との同居希望)の男性を好きになったらどうするか。

紹介や合コンで知り合った相手が、自分の希望する条件とはまったく違ったけど惚れてしまった。

条件度外視で、この人と一緒にいるだけでいい、結婚できたらなにも望まないと思うことがあるかもしれません。

一目惚れした、彼のやさしい心遣い、話していてフィーリングがとても合うから彼のことが大好きになった。

ひとは、心の底から湧きでる「好き」といった感情を抑えることができなくなり、誰になんといわれようと、好きで好きでたまらなくなることがあります。

しかし、惚れるの自由だけど、結婚と恋愛は別問題です。

恋愛はたがいが好同士でいるだけで、ほかになにも責任が生じることはありません、嫌になれば振ったり振られたりして、別れと出会いを繰り返せばいいのです。

しかし、結婚となるとそうはいきません。

結婚は即ち共同生活です。

嫌になったからって、簡単に「はい、さようなら」とはいきません。

低身長はともかく、収入や学歴、長男であるための親との同居は、2人の結婚生活だけでなくあなたの人生までをも左右することになります。

とくに、金銭面に対する苦労や親との同居の苦労は並大抵のものではないです。

 

苦労する結婚生活を避けるためには

女性も働くことが前提で、男性は家事能力が高く家庭的なら解決できる

father
全般的に条件が悪い男性とそれでも結婚するなら、夫婦関係を良好に保つために、結婚後の話し合いをしっかりとするべきでしょう。

まずは、共稼ぎは必須になります。夫の収入だけでは満足な暮らしができないでしょうから、妻も仕事を続けなくてはならないでしょう。

共稼ぎなら妻にとってまず、家事の負担が増えることは間違いありません。

おたがいにフルタイムの仕事を持つのに、すべての家事を妻にさせて平気でいるような男性ではダメです。

なかには、家事や育児は「女の仕事」だと決めつけて、女性がやって当たり前と譲らず少しの手抜きも許さないなど、とても俺様な男性も見かけます。一体なに様ですか~?

自分の条件が悪条件にも関わらず

「俺は夫だから、お前より上だ」

「俺は男だからやらなくていい」

を振りかざすような人であれば、その結婚は明確に不幸になるのは見えています、直ちに結婚をやめる決意をした方がよさそうです。

男だからそんなに偉いのかなんだかよく分からないけど、こういう男性って、男なんだから家事などしなくてよいとか、親から刷り込まれて育てられたんでしょうかね。

味見する男性経済力がない男性であればあるほど、家事・炊事全般に精通していて進んで家事をこなし、フルタイムで働いてくれる妻に敬意を払うべきでしょう。

同等に働いて、稼ぎが妻の方が上なら尚更です。

つまり、フルタイムで働いて家計を助ける妻に感謝の気持ちを表せる男性なら、男性が低収入でも夫婦関係が上手くいくということです。

夫の収入が少なくても夫婦で一生懸命働き、人柄が良く、家事や育児を分担してくれる夫ならこの結婚は上手くいくでしょうね。

 

低収入でも需要のある男性とはどんな人?

ひよこ

  1. 掃除洗濯、料理を完璧または普通にこなす家事のエキスパート。
  2. 子どもの保育園への送迎など当然育児もします。
  3. どんなことがあっても自分の親とは生涯に渡って同居しない、妻の親との同居はOK。
  4. 妻の帰りが遅くなったらいつでも車で迎えに行く。
  5. 妻に尽くす。
  6. 自己管理ができて、不摂生はしない、不健康ではない。
  7. お金の管理もちゃんとできて、約束はきちんと守る。
  8. タバコを吸わない。

まあ、ここまで完璧じゃなくてもいいけど、これだけやってくれる人がいれば理想だということで。

料理や洗濯なんてやったことない男性でもいいんです。自分で覚えてやってみる姿勢を見せてくれたらね。

そうすると、いつの間にか家事や育児は「俺に任せとけ」ってね、なるんです。

 

自分の経済力の低さを家事と育児で一生懸命カバーしようとする、思いやりのある姿勢を見せてくれると、ああ、この人と結婚して良かったと思えるんです。

経済力が乏しい相手でも、好きになれば「結婚」というかたちでずっと一緒にいたいですよね。

自分が惚れた相手と結婚するのが、自分にとって一番幸せなことです。

条件から大きく外れた相手でも、女性に労働力があって共稼ぎ、家事も育児も妻と同等にこなせる男性との結婚なら、きっとその結婚生活はうまくいくことでしょう。


PAGE TOP