アラサー過ぎても結婚できない自分に引け目を感じる必要はない 

wedding Day

結婚できる見込みがない不安と劣等感

自分の夢は早く結婚して暖かい家庭を育み子どもを産むこと。

なのにアラサーを過ぎた今でも好きなひとすらいない、出会いがなくてその願いを叶えることができないでいる。

赤ちゃん周りは結婚、妊娠、出産ラッシュ。

友人の結婚や出産は嬉しいけど、自分はこのまま結婚できなかったらどうしよう。

毎年友人から送られてくる我が子の写真入りの年賀状がきつい。嫉妬すら覚えてしまう自分がイヤ。

親からも早く結婚しなさいとせっつかれて、職場の上司からも、まだ結婚しないのかと聞かれ、アラサーになっても結婚できない自分に引け目を感じて思いつめてしまう。なんて人いませんか?

しかし、結婚できないことで引け目など感じる必要はまったくないですよ。

 

なぜ自分は結婚できないんだろう?

sad-women
いつか、好きな人ができたら結婚しようと思っていませんか?

自然な出会いを期待していつまで待っていても、出会えるとは限らないし、それはいつのことかわかりません。

1か月後かもしれないし10年先かも知れない。

たとえ彼氏ができたとしても、必ずしもその相手と結婚できるとは限りません。

その相手は結婚願望の薄い、独身主義者の男性かもしれません。

そういった男性とつき合うと、結婚願望がある女性にとっては時間を無駄に浪費して、益々結婚を遠ざけることになってしまいます。

結婚につながるようなベストな相手を見つけるには、待っていてもダメ、良い相手と出会える環境に自分を置いて、自分からアクションを起こさなくてはなにも始まりません。

「そんなことは知ってるよ。とっくの昔から婚活してるけど結婚したい相手と出会えないだけ」と、そうですねえ、こればかりは感情のある人間が相手だからどうしようもない。

友人が結婚という幸せを手に入れているのに、スペックも容姿も年齢もその友人より優っている自分が、なぜ結婚できないのかと引け目を感じるのは、「友人が結婚して幸せそう」という一部分しか見ていないから感じることだと思います。

 

結婚できない焦燥感が募る

street
結婚適齢期になっても結婚していないことに情けなさを感じたり、街で同じ年くらいの子連れの夫婦を見て辛くなる。

イイ年してまだ独身と思われていないか、皆が当たり前のように結婚できているのに、結婚できない自分に劣等感を感じるなど精神的に落ち込む人もいます。

いつまで経っても結婚できないことへの焦りや不安を感じることもあるでしょう。

結婚にこだわらず人は人、自分は自分と思えれば、何も気にすることなどないのですが…。

 

表面上で見えることがすべてではない

background
結婚したというだけで羨ましい、幸せなんだろうなと思うこともあります。

しかし、結婚を手に入れたからといって必ずしも幸福になれるとは限りません。

長い結婚生活でいろんなことがあるでしょうし、楽しいことも苦しいこともあります。

なにもない夫婦なんてありえません。

そして、結婚して得るものもあれば失うものもあるのです。

結婚してなんのトラブルもなく順風満帆にいけばいうことなしだけど、この先、パートナーの浮気、借金、会社の倒産、病気や怪我、性格が合わないなどの夫婦間の悩みもでてくる可能性も無きにしも非ず。

恋人時代のようにあらゆることが2人だけの問題ではなくなり、相手の親や兄弟のトラブルを背負うこともあるかもしれません。

一見幸せそうに見える夫婦でも、なにかトラブルを抱えているのかもしれない。弱みを見せたくないため、口にだして悩みを打ち明けず、表面上は幸せを装っているだけなのかもしれない。

プライドが高い人ほど困難なことに直面しても他人の前では平静を保っています。

「へー、あの人案外不幸なんだねー」と、人の不幸は蜜の味の対象者にされたくないんです。

なので、結婚したという小さな1部分だけを見て、羨ましい、結婚できない自分に引け目を感じることはないんです。

悩んでいることを表だってださないから、幸せそうに見える。

まさに、隣の芝生は青く見えているだけなのかもしれません。

 

結婚するために思いつく限りのことをやってみる

チューリップ

結婚したらその先に、どんなことが待ち構えているかわからないけど、結婚するのが人間です。

それでも結婚するなら、今のネガティブな気持ちをポジティブに変えて婚活をしてみましょう。

婚活といっても、結婚相手を探すだけが婚活ではありません、相手に認めてもらうために努力をして、自分の価値を高めることも婚活の1つではないでしょうか。

とくに今まで婚活が上手くいかなかった人は、重度の婚活脳から自分を解放し、オシャレをして堂々と胸を張って楽しみながら生きていけば、これから出会う男性にも自信を持って、余裕の心で接することができるでしょう。

男性に、結婚したいオーラ全開で必死さを見せつけると、却ってマイナス、逆効果になり良い結果を得られません。

自分を磨いて心に余裕を持つと、あなたのことを見ている誰かが声を掛けてくれて、出会いにつながっていくこともありますよ。

 

思いつく限りの出会いの婚活方法を考えてみよう

cocktails
友人への声掛け(友人の旦那様の知人を紹介してもらう)、結婚相談所、ネット婚活、婚活パーティー、合コン、各自治体が開催する婚活イベント、婚活コミュニ ティ、社会人サークル、友人の結婚式の2次会など、少し考えただけでもざっとこれだけ男女が集まるフィールドはたくさんあります。

あり過ぎて困るくらいです。

自分の時間をふんだんに使える独身時代に、婚活にたっぷり時間を取って出会いの場に行ってみましょう。

真剣に結婚すると決めて、それなりに動けば必ず相手は見つかると信じて行動することが大切です。

ただし、相手選びには柔軟な姿勢が必要です。高望みばかりせずに身の丈に合った相手を選ばなくては、結婚が遠のいていくばかりです。

結婚相手は長い期間を一緒に過ごすパートナーです。

容姿や体系が好みでなくても性格が良くて、働き者、誠実さを持った相手なら受け入れる、柔軟な頭と気持ちの切り替えが結婚を加速させます。

あまり条件などにこだわり過ぎると、相手が見つからないまま終わってしまうこともあるので、受け入れられて一緒にいて安心感があり信頼関係が築ける人なら夫として、よしとしませんか?

釣り合いのとれた人との結婚

photo credit: D.Clow – Maryland via photopin cc


PAGE TOP