婚活では問わず語りの過去の男性遍歴話はNGです

beautiful bride

婚活で元彼の話はしないのが常識

女性の過去について知りたがる男性たち

婚活で知り合った相手と交際が進んでいくと、これまでの男性との交際経験を聞かれることがあります。

大人の女性ともなれば過去に交際した相手が数人いて当然だと思っていても、男性は、過去の恋愛経験を女性の口から聞いてみたいものなのか?

しかし、いくら聞かれたからといって赤裸々にすべてを語ってはいけません。

男性は勝手なもので、自分がどんなに遊んでいようとも、過去の女性関係が乱れていたとしても、自分の交際相手や結婚相手には清楚で無垢な女性を選びたがるものなのです。

相手が男性関係の激しい(激しかった)女性では不満なのです。

できることなら男性経験豊富な女性よりも、少ない女性の方が良いと思っています。その気持ちはわかりますよ。

男性経験が豊富=遊んでいる女のイメージが強いからでしょうね。

もしも、遊んでいる女だと思われたらそのような対象としか見ないし、ぞんざいな扱いをして、まず結婚相手候補者から除外してしまうかもしれません。

ですので、男性に過去の恋愛経験や何人とつき合ったのかを聞かれたら、実際よりもかなり少な目か、そんな過去の話よりも未来の話をしたいと上手くかわす方が無難でしょう。

男性は自分が過去に寝た女性のことを自慢する人がいます。モテてたことをアピールしたいのか聞いてもないのにペラペラ話します。←アホ。

まあ、これを女性の前でやったら、そうとうなうぬぼれの身の程知らずでキモチの悪い男ですよね。

その反面女性は、男性の前で過去の男性遍歴を自慢げに語る人はまずいないでしょう。

絶対にいってはいけないことです。

そんなこと聞いても男性も面白くないでしょうし、嫌悪感しか感じません。即、お別れです、本気でつき合う相手ではないと判断されるでしょう。

 

聞かれてもいないことまで話さない

beautiful
知りたがりの男性なら初対面でも、まるで取り調べのように根掘り葉掘り質問してきます。

調子に乗って話しだして、元彼との思い出話や愚痴を延々と聞かされたら、自から聞いたことといえども、うんざりするでしょう。

過去の恋愛遍歴の話はオブラードに包んで話す、すべてを公開しないことです。

特にお酒が入るとつい気持ちが緩んで口が滑ってしまい、性的関係を持っていた相手とのことを喋り過ぎると、相手は内心ドン引きしてしまいます

男性はできるなら、自分が初めての「男」であればいいと思っていても、今の時代結婚するまで純潔を守りとおす女性も少ないでしょから、「処女性」についてはあまり固持していないようですが、やはり、自分の交際相手の元彼との恋愛話を聞かされると面白くありません。

男性の心理はわがままで複雑です。自分から聞いておいて望む答えが返ってこなかったら、一気に気持ちが冷めてしまうものなのです。

girl

婚活中は、過去の男性関係の話は禁句です。女性も、男性から元の彼女の話なんて聞きたくありませんよね。

女性は聞かれても過去の恋愛話はしないことです。しつこく過去を聞いてくるようなら、おどけて、辛い悲惨な過去の話と楽しかった話のどちらを聞きたい?と聞いてみましょう。

どちらも聞きたいと言われたら、本当のことを言う必要は一切ありません。その辺りはうまく、のらりくらりと交わして話をそらして、さっさと他の話題に移しましょう。

何度も言いますが、男性は自分よりも遊んでる女性や、男出入りが激しい女性を嫌厭するものです。

バカ正直に答えてしまったことで、折角うまくいきそうだった縁談が破談になってしまっては元も子もありません。

嘘も方便。時にはつかなくてはいけない嘘もあります。

男性も彼女の年齢や雰囲気を見て、過去につき合った男性がいなかったわけがないと推測しているはず。

男女関係には少しくらいの嘘があって当たり前。いいたくないことは無理にいう必要はないのです。

過去につき合った男性の数と自分の体重は誤魔化して当たり前なのです。

わざわざ自分から余計なことをいって、地雷を踏む失敗だけはしないでくださいね。

バカ正直すぎてせっかくの良縁を逃すなんてもったいないですよ。

婚活は要領よくするものです。

 

photo credit: petite-rin via photopin cc


PAGE TOP