なぜあなたは一日も早く結婚したいのか

ベビードロップ

結婚する気のない人とつき合っていても時間がもったいない
結婚したいと思ったら早めに婚活を始めましょう

結婚して子どもを早く産みたい。
もうそろそろアラサーでなくなる。
早く結婚しないと子どもを産むのはぎりぎりの年齢になりそうだ。

早く結婚して親、兄弟を安心させてあげたい、好きな人とずっと一緒にいたい、1人ぼっちの生活から早く卒業したい、未来の旦那さまのために美味しい料理を作ってあげたい、結婚して経済的安定を求めたいなど、結婚したい理由は人それぞれです。

今現在彼氏や恋人と呼べる人がいても、その相手が結婚したいのかどうなのかよくわからない。
相手が結婚したい意思表示を示してくれない。
相手が結婚に前向きではない。関心がなさそう。
相手が結婚を匂わせながらも、なかなか話を進めない。

そんな相手との駆け引きはさっさとやめて、次に行きましょう。
そんな相手と交際しても時間の無駄です。

若いうちはそれでいいかもしれないけど、そのままではいくら相手を好きで寄り添っていても、進展のないまま年を取っていきます。

いづれ後悔をするかもしれません。もう時間は取り戻せないのだから。

このままつきあって、そのうち相手に若い彼女ができて、自分は年を取ってポイされてもいいんですか?惨めですよ。年だけ取ってあとはなにも残らない。年を取って婚活しても望む相手にめぐり会うことは絶望的に少ないでしょう。

前向きに婚活・恋活してみませんか?
早く結婚したいならそれが最短の方法です。

35歳を過ぎると結婚はほぼ不可能との驚きのデーターがあります

絶望感

35歳を過ぎて結婚できたのは「男性で3% 女性で2%」
詳しくはこちらから

2010年の国勢調査でこんな衝撃的な結果がでたそうです。
今は2016年。どうなんでしょうか?多少の変動はあったかもしれませんね。

でも、これが事実なら(事実です)、35歳を過ぎて結婚できる男女の割合が少な過ぎますね。

今の時代は世の中が晩婚化。高齢で初産でも安全に赤ちゃんを産めるので、30歳を過ぎてから結婚しても遅くないか、大丈夫かなって思っている人も多いかと思います。

実際私は、ほとんど結婚のことなんてなにも考えずに生きてきた人間ですが、流石に34歳を過ぎた頃から「これはまずい!」と思い、無性に結婚への思いが強くなりました。

もしも今から結婚しても、出産に関してはギリギリか年齢的に授かりにくいかもしれないとの思いはありました。

そして、一念発起してようやく婚活モードに。

早く結婚にこぎつけたい気持ちはあってもなかなか思い通りには行かず、婚活で数々の出会いと別れを繰り返しながら、ようやく「結婚するならこの人しかいない!」と思える人にめぐり会えました。

36歳で結婚。38歳で初めての子を出産しました。
立て続けに38歳、39歳で帝王切開にての出産でした。

年齢に関係無く、結婚したいと思った時が結婚適齢期

くつろぐ

早く結婚したい!と思う強い希望を持って、婚活モードに入ることが大事です。

婚活で出会った人にせよ知人からの紹介で出会った人にせよ、相手をよーく見極めて「この人は違うなあ」と思ったらさっさと別の相手を探しましょう。

この人と話が合う、趣味が合う、会っていて楽しいと感じて結婚を意識しても一番肝心な決定的なところがズレてしまうと結局は上手く行かないのです。

男性の女性に対する出産年齢のボーダーラインは、漠然と35歳くらいだと思っているそうです。

男性が女性を結婚を意識して見た場合、子どもを産めることが非常に重要になります。

女性は結婚したい!と思ったら1歳でも早く行動を起こすべきです。
婚活は結婚相談所に登録することだけではありません。

婚活サイト、婚活パーティー、SNS、仲間同士のサークル、スポーツジム、職場、合コン、社会人サークル、ボランティア活動などで相手を見つけることも婚活(結婚活動)の一つの方法です。


PAGE TOP