結婚を自ら遠ざけている女性の特徴。一生独身で終わらないためにすることとは

ドーナツ

結婚したいのになぜ結婚できないのか?

常に彼氏がいる。別れてもすぐに交際相手がみつかるので、彼氏が途絶えたことがないのに結婚できない女性。

結婚願望を持ち長年婚活しているのに、なかなか結婚に結びつかない。そんな女性っていますよね。

周りから、「ああ、この人がずっと独身なのが理解できるわ」と思われている人は、知らず知らずの間、無意識に結婚を自分で遠ざけている可能性があります。

婚活で成果が出せない人は、自分で思い当たる節がないかよく考えてみませんか?

 

自ら結婚を遠ざけていることとは

束縛されることがイヤ

glasses
結婚するとある程度おたがいが束縛し合うことになります。共同生活なので、それはある程度仕方がないことです。

●結婚したら勝手気ままな振る舞いは許されず、何時からどこそこに出かけて、帰りは何時頃になると報告をした上で出かけなくてはならない。

●黙ってふらっと出かけることができない、夫が家で待っているから、早めに帰って食事を作らなくてはならない。

●会社の飲み会に行っても好きなだけ飲んで遊んで、午前様になることは許されない。

干渉されたり束縛されたりするのがイヤで自由をこよなく愛する女性は、結婚生活という共同生活には向いていません。

結婚後はどこに行くにも夫婦で出かけるなど、一人で好き勝手はできなかったりとなにかと制約があるものです。

 

性格がキツくて自我が強い性格

cat
●思ったことを何でもズバズバと、気が済むまでいう。

●頑固な性格で気に入らないことがあると、ケンカに発展することもしばしば。

●自分から折れることを知らない。今までの彼氏とは、ケンカ別れをしてきた経緯が何度もある。

キツイ性格の人は、きつい言葉を受ける側がどんなに嫌な気持ちになるかなどまったく考えません。刺々しくキツイ言葉を受けた側は、自己嫌悪に陥り胸が苦しくなります。

キツイいい方をする人は、キツイいい方をすることで相手に圧力をかけたり、自分の方が相手よりも上の位置にいるということを示したいのでしょうね。

しかし、それが却って逆効果になり、自分の値打ちを下げていることに気がつかないようです。

 

理想が高過ぎる、スペック重視

barmouth
お金持ちでイケメンで長身で若く、結婚後は家事も育児も協力してくれる旦那様がいいなあと理想の塊みたいな人を希望する。

世の中は不況で不安定な時代だから、結婚に安定を求める女性も少なくないと思います。誰だって条件の良い相手と結婚したいものです。

しかし、高すぎる理想こそが結婚を遠ざけているということに気がつかなくてはなりません。

結婚は相手を選ぶことではありますが、自分は相手から選ばれる立場でもあるのです。

相手から選ばれる女性にならなくては、いつまでも理想の相手をずっと探し続けることになり、結婚できないまま年だけ取って、却って自分を不幸にしてしまうだけなのです。

また、条件だけで相手を選ぶと後々後悔することにもなりかねません。

条件が良くて性格も良くビジュアル面もクリアした相手ならいいけど、そんなに上手いことそのような相手に出会えることはまずありません。

条件が良くても価値観や性格が合わなければ、一生を共にすることは困難を極めるでしょうね。

 

つき合う男性が結婚に向かないひとばかり

man
寡黙で一見なにを考えているのかわからない、危険な臭いがする男性を好きになってしまう。

ルックスやファッションセンスがイケてる男性、彼と会うたびにドキドキする、でも中身がない。

見た目や雰囲気重視で相手を選んで、失敗ばかり繰り返す。

こういった女性は、この男性は結婚に向いていないと頭で理解していても、好きになり過ぎるとだらだと不毛な恋愛を続けていくタイプです。

結婚は夫と妻がおたがいに協力して幸せな生活を築くことが必要不可欠になります。

自分勝手で、家庭に無関心、自我が強く非協力的なタイプの男性と結婚しても、思い通りになることが少なく不満とストレスが溜まり、最後には大爆発します。

結婚相手を顔重視で選ばない

 

家事が苦手、嫌い

laundry
結婚生活において家事能力は必要不可欠です。

家事が苦手でもいいから結婚してほしいといわれたのなら別だけど、家事ができない女性と結婚しようとするチャレンジ精神旺盛な男性は少ないでしょう。

家事が得意な男性と結婚して専業主夫になってもらい、自分がフルタイムで働いて一家の大黒柱になるくらいの決意と収入があればいいけど、夫になる人の方が稼ぎがいいのなら、家事が得意とまでいかなくても、普通にこなせるくらいの家事能力は身につけた方がいいです。

掃除と洗濯は、掃除機や洗濯機の使い方さえ覚えれば誰にでもすぐにできるけど、料理は初めからそう簡単にはいきません。

しかし、料理本やネットでレシピを見て簡単なものから作れるように練習すれば、いずれは慣れて上手になるものです。

omelet

好きな人に美味しいものを食べさせてあげたい、好きな人と一緒に美味しいものを食べたい、子どもに栄養のあるものを食べさせたいと思ったら、自然と料理をする回数が増えて、それなりに作れるようになるものです。

結婚したいなら家庭的な女性になれとはいわなくても、最低限度の家事全般をこなせるようにならないと、家のことなんてなーんにもしなくていいよと、お姫様扱いしてくれる男性以外は、家事スキルのない女性と結婚する奇特な人などいません。

●結婚したらある程度生活のサイクルを相手に合せる気持ちを持つ。

●パートナーに腹が立っても食ってかかったりケンカ腰にならない、意見する時は一呼吸おいてから穏やかに話す努力をする。

●恋愛と結婚は違うものと捉えて、容姿は二の次でいい、一緒にいて心穏やかに暮らせる相手を選ぶ。スペックの高すぎる相手ばかり狙わない。

●家事やお料理は場数を踏むことで段々上達していきます。焦らず自分のペースでやってみる。

このような気持ちをもって婚活に励んでみたらいかがですか。自分が変わることも婚活が成功する秘訣のひとつですよ。

 

美味しい料理が作れる女性になる
いつまで経っても結婚できない理由とは

 

photo credit: Renée S. Suen via photopin cc


PAGE TOP