こんな結婚ならしない方がいい【略奪婚】

forest

不倫・略奪婚は因果応報、あとあと自分に返ってくる可能性あり

私の20代後半の知人女性で、不倫の末、同じ20代後半の男性と略奪婚をした女性がいます。

彼の元妻には3歳の男の子がいて、かなりの資産家だったそうですが、しっかりと慰謝料を500万円請求されて、養育費は毎月3万円ほど支払っているようです。

彼は年収350万円、彼女はパートで毎月8万円程の収入。

毎月の養育費と借金までして支払った慰謝料の分割の支払いで、家計はかなり苦しそうです。

彼女は元々子供嫌いでもあるので、おたがい話し合った末に子どもは持たない選択をしました。

借金もあるので、彼女は正社員の仕事を求めて、パートの仕事が終わった後に、ハローワークなどに通い詰めていますが、思い通りの仕事に就けずに思い悩んでいます。

お金がないので結婚式も挙げられず、新婚旅行も新居で使う家具の新調も、憧れのマイホーム購入も断念。

孫に会えなくなった彼の義両親からは「あんたのせいで孫に会えなくなった」と事ある毎に責められ、冷たい仕打ちを受けて、なにもかも我慢の毎日で辛いと嘆いていました。

彼が離婚してくれた時は、天にも昇るほど嬉しかった!と明るい表情で話していましたが、略奪愛にてスタートした結婚生活は、彼女にとっては不幸の始まりでした。

不倫と略奪行為の代償は、かなり大きかったようです。

 

略奪愛で団結心が強くなる?

sunset
●妻と出会わなければ君と結婚したのに

●妻のことは好きでもないのに結婚した、子どもができたから仕方なく一緒になった

●子どものことは大切だけど、妻のことはどうでもいい、別れたい

このセリフ、不倫体質の男性の十八番(おはこ)であるようです。

妻と上手くいっていないことを強く強調して、妻の悪口ばかりを並べたてる。

彼のことを好きでいる間は、自分の妻の愚痴や悪口をいう彼に、「彼が可哀想」「あんな悪妻と別れたら、私が彼を幸せにするのに」と心底同情します。

愛し合っている2人は、周りのことがなにも見えていません。

彼は一方的に、妻の不満をあることないこと、不倫女性の前で愚痴を口にします。

そのため、彼が妻の不満を吐きだす度に勝ったような気になったり、2人の絆が深まったりする気になるのでしょう。

愛してもいない女性と仮面夫婦を演じている可哀想な彼。

こんな彼を放ってはおけない、私が癒してあげたい、と。

彼を不幸な結婚生活から救ってあげたい。なによりも彼を愛しているのは自分の方だ。

普通なら、自分の妻の悪口をいう男性に「そんな女性を妻に迎えたのは紛れもなく自分だろう。文句をいうのは筋違い」と思うのに、不倫をしている女性はすべてを鵜呑みにして、相手に同情するばかりなのです。

不倫する女性は、自分と既婚男性との不倫関係を正当化したくて、客観的な立場で相手のことを見ることができず、反対する世間に猛反発をするようです。

つまり、間違った行為を行っていることを認めたくない、彼に対する自分の愛は真っ当だと勘違いをしているのです。

まさに愛は盲目です。

 

いつか自分も同じ目に遭う日がやってくるかもしれない

woman
略奪婚で得た幸せは、他人の悲しみの上に成り立っているということをお忘れなく。

不倫に夢中になっている時は、先のことをあまり考えようとしません。

不倫をするひとは、今が幸せならいい、先々どうなっているかわからないけど、将来彼と一緒になれたらいいなと漠然に考えるだけ。

それは、彼が妻と離婚してくれるのか、そしてその後無事に結婚できるのかが明確に分からないからです。

不倫関係に耐え切れなくなったら、この関係を清算するか、彼を是が非でも彼妻から奪うのかどちらかです。

彼が後先を考えずに、又は悩みぬいて妻と離婚して不倫相手と結婚したとしても、その男性は残念ながら同じことを繰り返す可能性があります。

何故なら、彼を作り上げている土台自体が不倫体質だからです。

元妻を選んだのは紛れもなく自分なのです。永久の愛を誓い合って結婚し愛し合った相手を、新しいおもちゃに夢中になったら、古いおもちゃはどうでもよくなって、見向きもしない赤ん坊のように、新しい相手に夢中になって妻を平気で捨てる男なのです。

不倫体質なので略奪結婚をしても、まもなく新しい相手をどこからか見つけてきて、また平気で今の妻を捨てるでしょうね。

 

周りが見えていない時こそ人の忠告を素直に聞こう

会話する女性
あなたの不倫を応援するひとは皆無か、いたとしても僅かでしょうし、内心どう思っているかわかりません。

あなたのことを本気で心配する友人なら、きっと不倫恋愛、略奪婚に対して猛反対するでしょう。

あなたを不倫恋愛から遠ざけようと、なぜ不倫をすることがダメなのか、なぜ略奪婚がダメなのかよく話して聞かせてくれるでしょう。

 

ですが少なくとも、既婚者の友人には相談をしない方がいいでしょう。

できれば、独身の友人に相談する方がいいです。

既婚者は、あなたの略奪婚を自分の夫に重ねて考えることもあります。もしも、自分の夫が誰かと不倫の末に自分を捨てたらと。

そうなると、ただただあなたに嫌悪感を持つだけです、味方なんてしてもらえません。

不倫相手との恋にあまりにも浮かれていると、友達をなくしますよ。

 

略奪婚で失敗したと思うこと

玉子とハンマー

1.元妻への慰謝料の支払いと子どもの養育費の送金で生活が苦しく、ケンカが絶えず常に険悪なムードが家中に漂っている。

2.彼の親から結婚を猛反対されるか、または結婚後も嫌われ続ける。しかし、元嫁が義両親から嫌われていた場合はこの限りではない。

3.彼の子どもが、金銭面や精神面でことある毎に頼ってくる。

4.彼を結婚して手に入れたら、案外つまらない男だった。隣の芝生は青かった?

5.職場にバレることで、彼の会社での評判が悪くなる。

6.友人をなくす可能性がある。

7.不倫体質なので、またいつ不倫されて自分が捨てられるか常に疑心暗鬼になる。

8.世間体が気になる。

9.子どもに馴れ初めを聞かれたらどう答えるべきか?

世の中には、不倫や略奪婚など人の道に反する行為をした人でも、堂々と幸せに生きている人達はたくさんいます。

しかし、人のものをわざわざ奪わなくても、独身で結婚をしたいと望む素敵な男性はたくさんいます。

既婚者がいい男に見えるのは、単なる目の錯覚です。

不倫する理由をよく考えてみましょう。相手から言い寄られたから?それとも寂しかったから?

不倫体質の男性は、2人きりで会うと短期間の間に体の関係を結びたがります。

その時は「絶対無理」オーラをだしながら、上手く交わすことが不倫という間違った道へ進まない最善の方法です。

holzfigur

既婚者と不倫しても、バレたら慰謝料の支払いや彼の妻が家や会社に乗り込んでくる、最悪は親兄弟を巻き込んでの修羅場が待っているだけです。

不倫の彼と無事に結婚に至ったとしても、もっと骨の折れることが待ち構えていることだってあります。

たとえ晴れて一緒になっても、不倫が好きな人だから誰かに略奪婚をされてしまう可能性があります。

そうなってしまうと、今までのことは、なんのための苦労だったのかと悩むことになり、すべては、時間とお金の無駄と気苦労しただけで終わってしまったということになります。

 

寂しくて、または相手がとてもタイプで一目惚れして不倫しそうになったら、そこはぐっと我慢して、思い切って独身男性との婚活・恋活に目を向けてみませんか?

独身男性との恋なら誰も犠牲にすることなく、最初から苦労することのない恋愛を始めることができますよ。


PAGE TOP