交際相手とのケンカ。ケンカを長引かすと最悪な結果が待っているだけ

Fighting Cats

おたがいをわかり合うためのケンカが、エスカレートしないように気をつけること

結婚を意識した相手だからこそ、相手のことをもっと知りたいし、交際中に少しでも疑問を感じることがあれば、話し合って解決してかなくてはいけません。

比較的独身時代が長かったアラフォー、アラフィフの女性は、世間の荒波にもまれ生きてきたなかで、自分自身の価値観と基準を持っています。

そのため、相手との考え方の相違や温度差の違いから、衝突してしまうこともあるでしょう。

婚活は最終的に、結婚を目標にしています。

生涯を共にする相手を決めるための交際中に、いつでも仲良く順調に交際が進めばいいけど、おがたい育った環境が違う人間同士、考え方がまるごと一緒な相手ではないので、何かの拍子でケンカが勃発することもあるでしょう。

 

言葉は時に刃物のような凶器にもなります

angel
短気は損気。本当にその通りだと思います。

気が短い人は、結果的に損をしています。

瞬間湯沸かし器のように一瞬で火がついて「カーッ!」となったら自分を抑えることができない人は、後で反省しても時すでに遅し、言いたいことを言いまくって、思う存分相手を傷つけてしまい、相手から別れを告げられて取り返しのつかないことになるかもしれません。

そうなってしまっては、おそらく、謝っても許してもらえないレベルでしょう。

男性は女性に比べると精神的に弱くデリケートです。

言葉の暴力にノックアウトされて「こんな気性の激しい女性とはやっていけない」と思ってしまうのです。

しかし、ケンカをするうちはまだ、相手に興味があったり期待をしている証拠です。

なんとも思わないどうでもいい相手とは、ケンカをする気すら起きません。

おたがいを理解をするためのケンカであることを頭に入れておいて、ケンカが長期化・泥沼化しないようにすることが大切です。

 

私は悪くないからと意地を張っていつまでも「ごめんなさい」を言えないと、ケンカが尾を引いて最悪は別れを告げられることになります。

このくらいの事は、言っても大丈夫だろう、許してもらえるだろうと感情に任せて相手を攻撃すると、彼は反省するどころか、益々あなたから遠ざかっていきます。

 

交際中にケンカをする意味とは

deer
交際中にケンカをするのは

  • 二人の関係を改善して、もっと仲良くしたいと考えるから。
  • 相手にダメージを与えたい、言い負かしたい、痛め付けて優位に立ちたいと考えるから。

後者のケンカはまるで大人気ない子どものケンカのようです。

特に気性の激しい女性にこのようなケンカをする人が多いようです。

相手から別れたいといわれたくて、ケンカを売っているとしか考えられません。

私は気が強いので、若い頃によく彼氏とケンカしました。

今なら、絶対にそんな理由でケンカをしないだろうなと思うような、どうしようもない理由で、クダラナイケンカばかりしていました。

今なら同じことをやっても許せることが、あの頃は許せなかったんですね。

やはり、若い頃は血の気が多いのでしょうか?

 

相手に思いやりを持つ心が必要なのに

boxing-ring
私の主人はいい合いになると、貝のようにだんまりを決め込む人です。

私1人でギャーギャー文句ばかりいって、まるでアホみたいです。

何も言い返さないので、それが逆にバカにされているような気がして、腹立たしくて、腹の虫がずっと収まりません。

完全に相手への思いやりが欠けていますね。

冷静になればよく分かることなんですが、なんせ、ケンカの時は熱くなっているのでどうしようもないです。

もっと相手に思いやりを持って、言いたいことがあっても一呼吸して、冷静に言葉を選んで心のなかにある疑問やわだかまりを吐露することができればいいのでしょうけど。

 

ケンカしてもスグに仲直りをする、気持ちの切り替えが大切

sorry
交際中は、男性が疲れているようだったら、言いたい事は後回しにして、元気になるまで黙ってそっと寄り添っていてあげましょうね。

男性は意外と女性より逆境に弱く、立ち直りが遅くストレスを感じやすいといわれています。

むやみやたらとケンカをしたり、ケンカ腰になると後々それがしこりになります。

重要なのは、冷静によく話し合って、コミュニケーションを図ることです。「話せばわかる」ズバリこれです。

 

好きな人と本音でぶつかり合えることは幸せなことです。

うまくやれば、ケンカも相手とのコミュニケーションを図るツールになります。

なので、いさかいをいつまでも長引かせず、相手に思いっきり想いを伝えることができたことをよしとし、この人と生涯一緒にやっていきたいと思うのなら、おたがいのためになるべく早く気持ちを切り替えて、明るい笑顔で会うように努力しましょう。

意地を張って、大切な相手を失って後悔しないようにしましょう。


PAGE TOP