婚活での男性の服装を考える

suit

婚活のシーンでの男性の服装について思うこと

婚活って意外とお金がかかりますよね。

婚活サイトは月に数千円、結婚相談所は入会金数十万円とそれなりに高額、婚活パーティーや婚活イベントに参加しようものならその都度、数千円かかります。

婚活パーティーは女性なら無料で参加できるところもあるけど、ほかに、交通費や身だしなみを整えるための費用がかかってきます。

そして、マッチングした相手とのデートにかかる交際費も、頭に入れておかなくてはなりません。

食事やドライブ、映画、テーマパークなど行く先々でお金がかかります。

そして、いずれ結婚式と新生活のためのお金も必要になります。

ひとの収入は無限ではないので、抑えるところは抑えて上手に節約して、洋服代もできるだけコスパを抑えたいものです。

女性もそれなりのスタイルを決めるためには、経費がかかるけど、それは男性も同じことです。

 

彼に普通の服装でデートに来てほしい

suit
平日のお見合いや婚活パーティーは、参加する人のほとんどが会社帰りの夕方になるから、男性ならスーツ姿、女性なら通勤服で参加することになるでしょう。

しかし、休日の場合、男性はスーツでというのは少し窮屈な感じがします。

少しくらいはカジュアルで砕けた、普段着より少しオシャレなスタイルでさっそうと現れると「おおっ!いい感じの人だ」となりますね。

ですが、まったく服装に興味がない、服は母親が買ってきたものを適当に着ているという服装に無関心な男性は、女性とデートする時に一体何を着て行けばいいのか迷うでしょうね。

そこで、彼の基準で考えるイケテル服装が、とんでもなくダッサダサの服装だったらどうしますか?

並んで歩くのも勘弁してほしいくらい、女性から見ると非常識なスタイルで現れたら、一緒にいるのが辛くなりますよね。

このダサい服装さえなければ、顔もタイプだし言うことないのに。と。

でも、そんな理由で彼を振るのはまだ早いです。

本当に性格もよくてフィーリングが合う人なら、何回かは辛抱してデートをしましょう。

何度会ってもこのままでは、彼の服装に対する免疫はできないと思うので、そんな時は嫌みがないアドバイスをそっとしてあげてください。

あなたに、もっとピッタリくるナイスな服装があるよ、と。

予算を抑えた低価格な服装でも、それなりに決まる服を一緒に買いに行こうよ、と。

そこで思いつくのが

ユニクロ
Right On
GAP
muji
H&M
イオン
スーパーの紳士服売り場など。

いずれも1アイテム数百円~数千円で手に入るところばかりです。

これらのお店の中から彼に似合いそうな服を置いているショップを選び、チラシやネットを参考にコーディネートすれば、イイ男のできあがりです。

clothing

しかし、同じ洋服でも、着る人によって見栄えがまるで違ってきます。

チラシでモデルが着ていたものと同じものを全身に取り入れても、まったく違った印象を受け、自分にはさっぱり似合っていないこともあります。

あれもこれも、モデルが着ているものを取り入れるのではなく、最終的には、やはり自分に一番似合った色やデザインの服を持ってくることで、安堵感とイケてる自分を手に入れることができるのではないでしょうか。

しかし、ファストファッションは、同じ服を着ている人とかぶることが多いのも確かです。

私も経験ありますが、自分が着ている服とまったく同じ服を着ている人を何度か見かけたことがあります。

電車の中や地下街の人混みの中ではかなりの高確率で、同じショップで買ったであろう同じ服を着た人を何人も目撃しました。

至近距離でその人と目が合うと、おたがいとても気まずい思いをします。

 

節約のためにファストファッションで服を揃えるつもりでも、あれもこれもチープな服で揃えるのは空しいと考える人は、お財布に余裕があるなら何か1つは、質の良い服を取り入れるのもいいでしょう。

ポールスミス
アバクロ
ディーゼル
ゴルチェ

などは質も良ければ見た目も違います。

 

男性に必要なのは清潔感

男性
婚活の場面で一番大事なことは、やはり『清潔感』と、服装が『その男性に似合っている』か、これにかぎります。

彼がセンス良く決めていても、肩にフケが溜まっていたり、鼻毛が伸びていたり、顔が油でテカっていたらはっきりいって口を利くのも遠慮したいところです。

どんなに高い服でもセンスが悪い、コーディネートがちぐはぐ、悪趣味な服装ではげんなりです。

彼に清潔感があって似合った服装が、たとえファストファッションであってもなにも問題ないです。

着てる服の値段など傍から見てわかるものではないし、ほとんどの服が脱いでタグを見ない限りどこのブランドかもわかりませんから。

 

photo credit: mehmet nevzat erdoğan via photopin cc


PAGE TOP