婚活で複数の男性と同時進行はあたりまえ?

bridal

早く結婚するために2~3人同時に交際を進めていく

ただし、同時に交際するといっても、おたがいが本格的に結婚を視野に入れて、真剣に交際を始めるまでの話です。

1人の相手と一生懸命向かい合って交際してみて、合わなかったから別れてまた次の人を探す人もいますが、これでは効率が悪すぎます。

別れた後に次の人を見つけるまでに、時間のロスが生じます。

とくに最悪なパターンは、1人の相手と1~2年交際してみて結婚できなかった場合です。

それはただ無駄に時間とお金(婚活費用)を使って、無駄に年を取っただけです。

実にもったいない。

相手に悪いなと思って交際前からその人1人に絞って、数か月間メールの交換や電話で連絡を取り合っていた。

しかし、いざ会ってみると自分の思い描いていたイメージと違って、がっかりすることもあります。

また、とてもよい相手だったとしても、必ず結婚を視野に入れた交際に発展するとは限りません。

 

ネット婚活や婚活パーティーに参加する男性のなかには、少数ですが動機が不純な人がいる可能性もあります。

しかし、そんな彼らの真意を見抜くことは何度か会ってみないとわからないものです。

彼がなにを考えてどんな行動を起こすのか、つき合ってみて初めてわかるものです。

 

ひとりの人と交際して確実に結婚できるのならいうことありません。

どんな相手があなたの前に現れるかわかりません。おつき合いがスムーズにいく相手かそうでない相手かわからないからこそ、良い出会いを見逃さないためにもできるかぎり、同時にいろんな相手と交際するのは自分のためなのです。

 

結婚する気のない男性に時間を取られている場合ではない

starbucks
婚活を始めて、1日も早く結婚するには、少しでもいいなと思う人がいれば、とにかく会ってみることです。

会ってみないとなにも始まりません。

1日2人とお見合いして、その後婚活パーティーに行く人も珍しくありません。

短期間で結婚という結果をだそうと思ったら、そのくらいの勢いと行動力が必要なのです。

いろいろな男性と会ってみて、結婚を真剣に考えている人か、気が合う人か、真面目に仕事をする人かなど、いろんなことをしっかり観察しているうちに、最終的に「この人と結婚したい」と思える人に出会えるでしょう。

 

まだ、おたがいに結婚を意識したおつき合いでなければ、同時進行で何人とつきあっても二股や三股にはならないので、可能な限りいろんな男性と会ってみることをおススメします。

 

彼の誘いには乗らない

room
まだ、交際をするかどうかおたがい決めていない、具体的に結婚の話もでていないのに、少しお酒が入ると(お酒が入っていなくても)誘ってくる男性もいます。

あなたのことを女性として意識すると、そのような関係を結びたいと思うのは自然なことでしょう。

男性だから仕方がないことかもしれないけど、そのような誘いには簡単にのらないで下さいね。

あなたのことを本気で好きになって誘うのか、ただ下心があって誘うのかどうかわかりませんが、結婚の約束をしないうちからそのような関係を持つと自分の価値を下げることになります。

もしも、関係を持った後にすぐ音信不通になってしまったら、とても傷つきますよね。

そのような男性が多いことも事実なので、毅然とした態度で、感情的にならずやんわりとお断りしましょう。

そもそも、男性は大切な女性には最初から手をだしません。

また、結婚相談所ではそのような関係を持ったことがわかると成婚扱いになるところもありますので、注意が必要です。

成婚扱いになると成婚料が10万円以上かかる場合もあります。

 

同時進行して相手をふるいにかける

martini
同時進行することに罪悪感を感じる必要はまったくありません。婚活とはそういうものなのです。

自分に合った相手を探すためには、複数の人と会ってフィーリングが合うかどうかを確かめることが必要なので、最初の対面では短い時間でお茶するだけにして、相手の感触を掴むことから始めた方がいいでしょう。

最初から長い時間初対面の人と一緒にいると疲れるし、緊張もするでしょうから。

しかも、会ってみてがっかりな人だったら、なおさら早めに切り上げたいですよね。

 

男性の中には、お見合い当日に酒席に誘う人がいます。

食事でもご一緒にどうですか?ということなんですが。

初対面の女性を前に緊張をほぐしたいから誘うのか、酒の席をともにした後のことに期待して誘うのか、動機は定かではありません。

私は、いろんな人と会ったなかで、2人の男性と最初のお見合いでお酒を飲みに行きました。

1人は、最初ホテルのロビーで対面した後、最上階にあるラウンジバーへ行きました。

もう1人は、お見合い初日になぜか野球観戦に誘われて、その後居酒屋へ。

で、どちらもそのあと、体の関係を迫ってきました。

もちろんどちらも突っぱねて家に帰りましたが、初対面でお酒の席にのこのこついて行くなんて、私にスキがあったのだと深く反省しました。

婚活する男性全員がそのような人ではないと思いますが、最初のお見合いからお酒を飲む場所には行かないことが得策です。

お見合い相手と会う前から、その日はその後予定が入っているのでお茶だけにしましょうと、約束しておいた方が無難かもしれません。

 

同時進行していることが相手にわかっても大丈夫

woman
相手の男性もあなた以外の女性と同時進行している可能性があるでしょうし、そうでなくても、婚活とはそういうものだと理解しているはずです。

もしも、あなたのことを逃したくないと思ったら、連絡もまめにして、会う時間をたくさん作って、あなたに必死でアプローチしてくるでしょう。

同時進行していることが彼にわかったことで、意外にも、相手からプロポーズされやすい流れができるかもしれませんね。

 


PAGE TOP