(辛口)35歳を過ぎて婚活するモテ男に注意

結婚式

モテる男性も婚活します

いわゆる、誰が見てもイケメンでモテる男性。

そして高年収、高身長、高学歴。一見引く手あまたに見える彼らでも、いざ結婚したくても相手がいない。

モテ男性にも結婚願望はあります。独身主義者でもない限り、30代に突入しても結婚相手が見つからなかった場合、焦ってお嫁さん探しを始めるかもしれません。

しかし、彼女の1人や2人いてもおかしくないほどのモテる要素を兼ね備えた男性なのに、なぜそのような人が婚活するんでしょうか?

婚活などといった言葉は、彼らにとって無縁のような気がするのですが、

●彼女はいるけど(いたけど)、結婚の対象となる相手ではない。

●1人飯が寂しい。

みんな考えることは一緒。イケメン君だって同じです。

 

結婚相談所や婚活サイトで出会った男性が「そこそこイケメン」または「めっちゃイケメン」で、あなたの望む条件をクリアした男性だったらドキドキしませんか?

彼らは婚活業界では滅多にお目にかかれない、希少価値の高い優良物件なのです。

そんな好条件を兼ね備えた人に出会うわけないと思っても、婚活をしていると出会ってしまうかもしれません。

そう、彼があなたを気に入ってしまうかもしれないのです。

 

モテ男をよく観察しよう

man
婚活での交際期間は、おたがい結婚するかどうかを判断するための大切な期間です。

2人の距離を段々と縮めていって、彼が結婚相手に相応しい相手かどうかをよく知る必要があります。

交際期間は頻繁にメールや電話、デートをかさねて、相手の考え方や価値観、性格などをよく見極めないと、一緒に暮らしてみたら合わなかった、そんなクセのある人だとは思わなかったと失望しかねません。

とくに、婚活の場に不釣り合いなイケメン君がなぜ、婚活をしているのかじっくりと相手を観察する必要があります。

ここは、女性の直感とやらをフルに活用して、相手を見極めましょう。

 

彼が女性との交際を長続きさせることができない理由

seaside
その理由はおつき合いしているうちに、答えが自ずと見えてくるでしょう。

もちろん、職場や周辺に女性がいなくて、婚期を逃してきた経緯はあるでしょうけど、そのような理由だけで今まで独身だったとは考えにくいです。

普通そんな高条件の男性は女性が放ってはおかないはず。

いい男はそれなりに良い伴侶を見つけて、早くから結婚して家庭を築いています。

では、なぜ今まで彼は独身なのでしょうか?

  • 女性を目の前にすると、なにを話したらいいのかわからない。話題がない。
  • 女性を目の前にすると、緊張して上手くしゃべれない。
  • 普段から口下手で、素面では恥ずかしくて女性とコミュニケーションが取れない。
  • 異性に対して不器用、消極的。
  • 自分がイケメンだと思っていないし、女性に対して積極的になれない。
  • 忙しくて相手を探している時間がない。

このように大人しくてシャイな草食系の男性なら、安心しておつき合いができるでしょう。

man-and-dog
しかし、自分がモテる男だと認識しているので、自分になびく女性はいくらでもいると思っている勘違い男もいます

  • 女性に対して上から目線
  • 稼ぐ自分は偉いと思っている
  • 店員に対して横柄。お金を払っているから威張ってもいいと思っている
  • ひとの話を聞かない、ひとの話はどうでもいい。自分の自慢ばかりする。俺様
  • 考え方や感覚がずれている
  • 話がかみ合わない
  • あきれた女性がうんざりして去って行く
  • ケチ
  • 器が小さい男
  • 浮気性
  • 浪費家。借金癖あり
  • モラハラ男

だった、なんてことがあります。

35歳を過ぎてイケメン、高収入、高身長、高学歴、安定した企業に勤めているなど、あまりにも好条件な男性には警戒が必要です。

「なにかある」と考えたほうがいいかもしれません。

性格に難あり、素行に問題ありで結婚できなかったのかもしれません。

高収入でイケメンモテ男との交際に舞い上がって、彼の性格は2の次で、デリカシーのない俺様な人間の部分は目をつぶって結婚してしまったら、後々大後悔することになりかねません。

顔なんて3日見たら飽きるし、年を取ったらイケメンだとかそんなことどうでもよくなります。

結婚は一生涯一緒に暮らすことです。

夫がイケメンでなくても、大事にされて幸せな結婚生活を長続きさせてくれる人であることが肝心です。

兎に角、結婚相手は性格が良い人が一番です。あ、もちろん収入面も大切ですが。

 

photo credit: Pavel P. via photopin cc


PAGE TOP