自己破産していた彼との結婚は断念すべきか?

自己破産者との結婚

man

婚活サイトで出会った男性が自己破産者だったら

現在、日本の自己破産者は増加する傾向にあり、過去10年間で自己破産の申し立てをした人は70人に1人だそうです。とても多いですよね。

自己破産予備軍を含めるとさらに、膨大な数になってくるのではないでしょうか。

 
婚活サイトで出会った彼との結婚が具体的になって、夢にまで見た結婚式、憧れの新婚旅行、新生活をスタートさせる新居の話を進めている矢先に、彼が数年前に自己破産をしていたことを告白した。

思いもよらない彼の自己破産告白に、ショックで頭の中は真っ白。

自己破産という言葉は聞いたことあるが、今まで自分には無関係だったので、自己破産というものをあまり理解していなかった。

早速、ネットなどで自己破産について調べを進めていくと、自己破産者には厳しい制限があることがわかって、さらに頭の中が混乱する事態におちいってしまった。

 

まずは冷静にそうなった過程を聞き出す

woman
彼が自己破産者だとわかれば、なぜそうなったのか知りたいのは当然のことです。まずは、理由を聞いてみましょう。

誰しも破産に至るまでには、それ相当の理由があるはず。

彼が結婚前に打ち明けるのは、いい意味で誠意があって男らしいかもしれません。

その気になれば隠し通せると安易な考えを持つ人もいるけど、結婚していざ、住宅ローンや子どもの教育ローンを組もうとすると断られるし、また、賃貸マンションやアパートを借りる時に、信用調査で落とされることがあります。

クレジットカードは10年間審査が通らず、住宅ローンも10年間組むことができません。

各方面に大きな影響を及ぼす重大な事柄を、結婚後隠し通せるものではありません。

 

もしも、彼が隠していた自己破産の件がバレた時は、大喧嘩になり最悪離婚になることもあります。

自己破産をした理由は、2人がまだ知り合う前の話なので何とでも説明することができます。

収入のなかでやり繰りせずに、借金を重ねてまでギャンブル、高額な買い物、旅行などに散財する。

そのうちお金がなくなって、キャッシングをして自転車操業を繰り返した挙句の自己破産だったとしても、自分の体裁を取り繕うために事実を隠して、親の借金返済のためや友人の連帯保証人になって逃げられたなど、事実を隠して人のせいにすることは容易にできます。

ですから、なにを信じたらよいのかは自分自身で判断するとして、今現在彼の生活態度、お金の使い方などを見ながら、自己破産者だった彼と今後結婚して、やっていけるかの見極めが重要です。

 

別れる選択もありです

model
私が親ならまず、結婚を反対するでしょう。

ほとんどの親は「自己破産者」と聞いただけで、理由はなんであれ彼との結婚を反対するでしょう。

自己破産者を一括りにするつもりはありません、やむを得ない理由があってのことだと思いますので。

しかし、自己破産者は10年間信用情報に掲載されるので、ローンが組めない、クレジットカードが作れないということです。つまり、普通の生活ができないということです。

じゃあ、ローンなんか組まなきゃいいじゃない、クレカもいらない、と。

まず、クレカを持つことは1人の人間としての信用力を表すことになります。身分証代わりにもなります。クレカがないとレンタカーの貸し出しをしてくれない会社もあります。

借金するのは嫌だから自分は絶対に現金主義。カードは作らないという人、それはそれでいいと思います。

しかし、家を買いたくても当分の間はローンが組めないので、断念するしかないんですよ。それとも、現金で買いますか?

泣く女性

男と女は結婚すると、愛情が情に変化する運命共同体です。(もちろんずっと一生愛し合っているカップルもいます)

そのうち段々と、愛情が情に変化したころに、フィルターがかかっていた両目がクリアになって、冷静に相手を見ることになります。

わかっていて結婚したとはいえ、大きな買い物にローンが組めないことなどにイライラが募ることもあります。

そして、彼が以前自己破産をしたにもかかわらず、分相応以上の生活をしたがり、妻のクレジットカードにまで手をつけるような、お金にだらしない面が発覚した時、なぜあの時別れなかったのかと悔やむでしょう。

自己破産をした、すべての人がお金にだらしないわけではありません。

しかし、破産することは少なくとも人に迷惑をかけているということです。誰かが泣きを見ています。

もしも、彼が遊興費や身の丈に合わない、贅沢に浸るために借金に手をだした挙句の自己破産者なら、ほとぼりが冷めたころにまた同じことを繰り返す可能背が非常に高いと考えておいた方がいいでしょう。

安易にまた自己破産をすればいいと、思っているかもしれません。

 

それでも彼と結婚したかったら

woman
彼が自己破産者だということを、親には一生黙っておく。

自分を犠牲にしてもずっと彼を支え続けていく覚悟を持つことです。

彼との結婚は経済的に厳しくなることをわかった上で、彼がお金にルーズでも我慢して、容認できるくらいの精神力が必要になります。

お金のことは一挙に私に任せてと、彼が金づかいが荒くて借金を作っても、自分が一生懸命家庭を支えていく決意を持てば、お金で悩むことも喧嘩をすることもないでしょう。

ですが、何年間もそんな生活が続くことに耐えられますか?

心が病んでストレスと不満の塊が大きくなり、いずれどこかで大爆発しますよ。

自分にとってなにが一番大切なのか、自分が幸せになるためにはどうすればいいのか、よく考えてみましょう。

なんで、こんなの(こんな人)と結婚してしまったんだろうと後悔しないように、今一番好きな相手でも、本当によく考えて結婚を決めてくださいね、結婚は一生の問題ですから。

自己破産は個人の人物評価上の、最重要項目になるということをお忘れなく。

 

photo credit: lanier67 via photopin cc


PAGE TOP