婚活を内面で勝負し成功させるために

ウェディングブーケ

婚活で男性に内面を見てもらう前にすること

婚活で数人の男性と会ってみたけど、よい返事をもらえない。

会って顔を見た途端に「はっ?」とした顔をされて、写真と随分違うと指摘されたり、時計を何度もチラチラと見て、ひたすら時間が経つのを待って帰りたそうな素振りを見せる男性。

私の良さをわかって欲しいのに、まだ、話をろくにしない内からそっぽを向かれたり。

はっきりいって、そんな態度をあからさまに見せつけられたら傷つくし、婚活に対して臆病になってしまいます。

 

自分の内面の良さを知ってもらうためにはどうしたらいいの?

fantasy-girl
婚活市場では残念ですが、まず見た目から弾かれてしまうこともあります。

それは単に、男性が相手のことを、自分好みのルックスではなかった、一般的に男性受けしない容姿だったといったことが原因です。

もしもこのような経験が過去にあったり、自分の容姿を低く自己評価している人は、とにかくやれることはやってみましょう。

伴侶を探すだけが婚活ではありません、少しでも男性に気に入られるように、自分を美しく磨くことも婚活の1つです。

多くの男性が、まずは相手の外見から入ります。

初めて会う女性に対してなにも情報をもっていないので、最初はどうしても見た目から相手を判断してしまいがちになります。

そして、外見全体を見て自分のストライクゾーンに入るか、もしくはちょっとタイプな女性かもと感じたら、次に女性の内面を見ます。

外見がストライクゾーンに入って、内面も良さを持ち合わせた素敵な女性なら、ドンズバ、男性のアプローチ対象です。

人の好みには個人差があるので、必ず美人じゃないとダメというのではなく、まずは見た目で一般受けするルックスであれば大丈夫です。

女性は磨けば光る原石です。努力次第で幾らでもきれいに変身できます。

外見を最大限磨いて女子力をアップさせましょう。

 

自分に似合う服装やアクセサリーをチョイスする

beads
最初に会う時はやはりスカートがいいですね。

足のカタチが気になって、普段はスカートを履かないという女性も、ショップで足がきれいに見える丈のスカートを選んで、少し高めのヒールを履けばきれいに見えます。

足を隠すのなら、ロングやマキシ丈のスカートも素敵ですね。

どうしてもスカートは苦手だと思うのなら、足をキレイに見せる美脚効果の高いパンツを履いて、女性らしいシルエットのトップスを持ってくれば、男性の好感度がアップするでしょう。

身につけるアクセサリーはシンプルなものがベストです。

大きすぎるピアスやゴージャスなアクセサリーを身につけていると、派手な女性のイメージを連想させます。

また、ブランド品のバッグなどを持っていくと、お金がかかりそうな女性という印象があるのでお勧めしません。

お金がかかる女性を、男性はあまり歓迎しませんので。

 

身だしなみや外見に気を使う

mirror
■ナチュラルメイクで好感度アップ

素顔が判断できかねるほどの濃いメイクは当然NGです。

素顔の美しさを生かした、ナチュラルなメイクを心がけましょう。眉毛を整えるだけでも見違えることがあります。

婚活に効くと噂される伝説のリップ

 

■口臭や体臭にも気を使う

口臭や体の臭いは、案外自分ではわかりにくいもの。

なんでもはっきりといってくれる仲の良い友人や、親兄弟に臭いについてはっきりと意見してもらいましょう。

問題がある場合は、改善する努力をしましょう。臭いで結婚を遠ざけていては、もったいないです。

 

■姿勢がいいとスタイルが良く見える

猫背で背中が曲がっていたり、高すぎるヒールを履いて膝を曲げて歩いている姿はなんとも寂しい印象です。

背筋をスッと伸ばして歩くと、身長も高く見えて美しく魅力的です。

 

このなかからできることを少しずつ、やっていくといいと思います。

外見を磨くことは、内面をアプローチする前に必ずやっておかなくてはならないことです。

外見・内面ともに磨けば、あなたを結婚相手候補に選ぶ男性が増えて、結婚を早める確率がアップするはずです。

 

美人でも内面が悪かったら男性はおつき合いすることを躊躇する

woman
外見を磨いて、あなたの前に結婚相手候補といえる男性が現れたら、今度は、あなたの内面の良さをアプローチする番です。

婚活はここからが大事。

内面勝負は、美人であろうがそうでなかろうがまったく関係ないです。

結婚するなら心根がやさしく、気立てが良い女性がいいです。

いくら美人でも内面ブスではどうしようもありません。

 

丁寧な言葉づかいを心がける

board
男性はあなたの話し方や心配り、仕草などから内面部分を感じ取ります。

たとえば、外見は完璧なのに話してみたら言葉づかいが悪くて、いやな印象を受けることがあります。

普段日常生活で何気なく話しているような、だらしない話し言葉が思わずでないように気をつけるべきです。

私が最近「?」と感じた言葉は

「~じゃねぇ?」 なにが?

「うざい」 鬱陶しくて、すみませんね。

「はぁ?」 これを言われると結構むかつきます。

「むかつく」 私も時々使いますが、よく母に注意されました。「むかつくなら吐きなさい!」と。

その「むかつく」じゃないんですけどね。

自分が注意を受けたのを棚に上げて、「~じゃねぇ?」の言葉を使う娘に私が注意します。

言葉づかいが悪い女性と結婚したい男性は、あまりいないと思います。

言葉の使い方次第で、良い印象を受けたりその反対もあります。口の悪さで相手を不快な気持ちにさせないように気をつけましょう。

話し方で性格や育ちを判断する男性もいますので、丁寧な言葉で話をするように心がけましょう。

 

持って生まれた性格「短気」

car
馴れ合いになってくると、つい地がでることってありますよね。

車の運転中、割り込みやクラクションを大きく鳴らされると、やり返したり煽ったりする男性がいますが、そのようなことをする女性もいます。

やり返すことをしなくとも、つい車中で悪態をついたりすることもあるでしょう。(私のこと)

それを、彼氏の前でついやってしまわないように注意しましょう。

おつき合いが進んでくると、いつの間にか女性が主導権を握っていることがあります。

やさしい男性だったらつい甘えが生じて、些細なことで感情的になって、カッとなって相手に言い過ぎてしまい失敗する。

繰り返しそのようなことが起こると、相手がやさしい男性だったとしても、精神的に消耗してしまいその結果、別れを告げられることになりかねません。

短気は損気といいます。短気を起こして瞬間湯沸かし器のように、瞬時で火がついて喧嘩腰になってしまう人は、信頼をなくしてしまう危険性を伴っています。

短気な人は、実は相手を見て(選んで)短気を起こします。

やさしい男性だからと調子に乗って、「この人ならなにを言ってもいい」と思い込んで喧嘩を吹っかけるようなことは止めましょう。

女性はどんと構えて、気が短い男性をたしなめるくらいの度量が必要です。

男性は短気な女性よりも、気が長くて心が広く大らかなやさしい女性を選ぶでしょう。

 

愚痴や批判などネガティブな話ばかりしない

balloon
職場の嫌いな上司やお局様の愚痴ばかり話ていると、彼は「また始まった」と聞き疲れてしまいます。

日常の不満を彼に聞いてもらいたい気持ちもわかりますが、まずは、会った時には会話を楽しむことです。

彼の前で愚痴を吐き出すのは、たまにくらいでいいです。

相手の話は目を見て相槌を打ちながら、楽しい話のときは笑顔を絶やさず、真剣な話のときはしっかりと聞き入ってあげましょう。

聞き上手な女性に男性は親近感を覚えます。

 

忘れずに感謝の気持ちを伝える

background
なにかにつけて、男性だからお金をだしてくれて当たり前な態度はやめるべき。

例え缶コーヒー1本でも御馳走してもらったら、感謝の気持ちはぜひ伝えるべきです。

「ありがとう」の一言があるだけで、男性は幸せな気持ちになるでしょう。

お礼の一言もないと、心の中で不快な気持ちが溜まります。

 

いまひとつ自分の好きなタイプの外見の女性じゃなくても、おつき合いしているうちに性格が好きになって、恋に発展することもあります。

男性に気に入られる女性になるためには、外見も内面も同時に磨き上げて、この女性を幸せにしてあげたい、この人と結婚すれば暖かい家庭を築けるだろうと思われる女性になることが大切です。

 

photo credit: ☺ Lee J Haywood via photopin cc


PAGE TOP