結婚すると苦労する浪費家男性との結婚はナシ

just married

交際中に男性の浪費家度をしっかりチェックしておく

倹約家または経済観念のある女性が、浪費家の男性と一緒に暮らすとストレスが溜まります。

●交際中はデートの度にどこに行くにもお金は女性に出させないスマートな男性。

●持ち物もヴィンテージもののジーンズやブランド物の高級なバッグや時計など。

●乗っている車は国産の高級車

など、とにかく身につけるアイテムのレベルが高い。

趣味にフィギュアの収集やゴルフプレイなど、出費額が大きいものにお金を費やしているなど。

確かにデートの相手だけなら一緒に居て楽しいし、カッコいい人だなあだけで終わりますが、結婚するとなるとこのような人は要注意です。

婚活で知り合った相手だったら、彼の年収はおよそわかっています。

そこそこ高いお給料をもらっていても、そんなにお金を使って大丈夫なんだろうか?ととても不安になりますね。

また、パチンコや競馬などギャンブル全般が悪いといったわけではないですが、節度を持って遊べる人でないと将来一緒になってもお金に振り回されることになります。

ギャンブルは依存性があるので、趣味に持つ人には要注意です。

趣味や自分のために投資を惜しまない人は、高収入でも貯金0円の人も。

宵越しの金は持たない人もいることでしょうけど、たとえ高収入な男性であったとしても、将来苦労するのは目に見えています。

男なら見栄を張って部下にご飯を奢ったり、割り勘だったとしても自分だけ余分に払ってみたりと、カッコつけたい気持ちもわかりますが、これも独身時代だけにとどめておいてほしいものです。

 

結婚しても自分のスタイルを崩さない人

soup-pot
女性は、独身時代に散財していても結婚すると意識が変わって、いつか生れてくる子どものために、将来手に入れたいマイホームのために節約したり貯金したりするものですが、男性は結婚したとしても独身時代のライフスタイルを引きずる傾向にあります。

自分の趣味には出費を惜しまないのに妻に渡すお金はケチる、自分のことは棚に上げて家計のお金の使い道にうるさい男性もいます。

エスカレートすると、妻に内緒で親戚に借金したりカードローンを組むくらい朝飯前になることもあります。

独身時代に好き勝手に使ってきた給料が、結婚するやいなや奥さんに財布の紐を握られるなんてありえない人なのです。

そのような人は、結婚の意味をわかっていない、結婚した自覚がない人です。

結婚した後に、蓋を開けてみるとこのような浪費家な男性だったとわかっても取り返しがつかない状態です。

結婚してから地獄のようなお金の苦労をしなくて済むように、結婚前に男性の金銭感覚をよく把握しておくことが大切です。

 

結婚して子どもが産まれるとこうなる?!

普通車⇒軽自動車

高級なイタリアンレストラン⇒ファミレス

珈琲付き1,000円のランチ⇒ワンコインランチ

仕事中に飲む缶コーヒー⇒コーヒーをポットに入れて家から持参

マイホームを手に入れたい、子どもの学費を貯めたいからと、このように節約志向を高める人もいるということです。

 

photo credit: Matt Stratton via photopin cc


PAGE TOP