結婚を焦ってはいけない

bride

焦って結婚すると失敗するよ。なぜあなたは結婚を焦るの?

小さな女の子の夢は「お嫁さんになること」。

「お花屋さん」「ケーキ屋さん」に次いで多いのが「お嫁さんになること」だそうです。

お嫁さんを職業だと思ってるんですかね?

しかし、大きくなるにつれてそんな夢は確実に忘れています。そんなこと言ってたっけ?と。

大人になって、仕事やプライベートに忙しく、気がついたら結婚どころか彼氏の1人もいない状態になっている。

今からでも間に合うぞ! これから婚活して、早く結婚相手を見つけよう!

 

女性が結婚に焦る理由とは

pregnant
●30歳を過ぎると周りは結婚ラッシュと出産ラッシュなのに、自分だけ乗り遅れてしまった。

●赤ちゃんを産むのにタイムリミットが迫っている。

●最近肉体の衰えを感じる。

●まだ、イケてるうちに婚活して結婚相手をゲットしたい。

●親が急かす。

女性が結婚を焦る理由はいろいろあるけど、結婚は焦って無理やりすると後々こんなはずじゃなかった、この結婚は失敗だったと後悔することになりかねません。

 

人と自分を比べることなく自分らしく生きることの大切さ

woman
自分はいつまでも結婚できない、恋人すらいないのに、友人や会社の同僚・後輩がスペックの高い男性とドンドン結婚していくことに焦りと羨ましさを覚える。

しかし、友人たちは自分の好きな人と結婚したのであって、決してあなたの好きな人を略奪したわけではないので、妬んだり羨ましがる必要はまったくありません。

悔しいから私は、絶対にあなたたちの旦那様よりもスペックの高い男性と結婚してみせる!と意気込んでも仕方ありません。

結婚は競争ではないので、上を見ても下を見ても限がないのです。

自分が愛した相手もしくは好きになれる相手と結婚すればいいのです。

隣の芝生は青いとよくいいますが、どんなに幸せそうに見えても実は不幸な人も世の中には多く存在します。

ひとが羨むほどのおしどり夫婦だったのに、電撃離婚なんてこともよくある話です。

だから、ひとの結婚なんてどうでもいいことです、羨む必要なんてまったくありません。

自分が好きになって結婚した相手が、友人の旦那様たちよりもスペックが低くても落ち込む必要はありません、自分が幸せならそれでいいのです。

スペックが高くても愛せない男よりも、スペックが低くても愛せる男の方が一緒に暮らしていて楽しいでしょ?

 

独身のあなたが羨ましがられているかもしれません

knife
結婚すればみんな幸せになれるわけじゃない。

裕福な男性と23歳でお見合い結婚した私の親友は、嫁ぎ先で同居するきついお姑さんとガンコなお舅さん、意地の悪い夫の妹(独身)にいびられて大変苦労しました。

専業主婦だった彼女と定年退職したお舅さん以外は、全員働きに外に出ていました。

それで、彼女は毎日毎日家族の朝食、夕飯とお舅さんのお昼ご飯を作っていたそうです。

結婚したばかりで、あまり料理が上手くなく要領が悪いけど、彼女なりに精一杯家族のため、お舅さんのためにご飯を作っていました。

ですが、毎日家族から「まずい」だの、舅から「こんなに濃い味付けの料理を作って、わしを殺す気か!」などと言われ続けていたそうです。

お姑さんからは、彼女が作って冷蔵庫に入れておいたおかずをそのまま捨てられたことが何度もあったそうです。

そうとも知らず私は、若くして結婚した彼女のことをずっと羨ましいと思っていたけど、彼女はキッチンに立って玉ねぎを切りながら私の顔を思い出してはよく泣いていたそうです。

「独身で自由なあなたがずっと羨ましかった」と。

当時、独り身で寂しかった私は、独身であることの充実感をまったく味わえていなかったので、彼女の言葉に衝撃を受けました。

結婚生活は愛する人とずっと一緒にいられる、子どもが授かるなど幸せなこともあると同時に、大変なことも無きにしも非ずで、それらをすべて含んだ上での結婚生活なのです。

結婚してみないとわからないことだらけなのです。

 

失敗することを覚悟で結婚するならやめておこう

flower
世間体を考えて、親や友人の手前取り敢えず結婚してみようと一か八かの賭けで、それほど好きでもない人と結婚するくらいなら、独身でいた方がまだましではないでしょうか。

結婚生活が上手くいけばいいけど、もしも子どもを抱えて離婚することにでもなったら苦労を背負うことになってしまいます。

月並みなことを言いますが、結婚だけが幸せではありません、独身でも身のまわりを充実させて幸せな人生を送っている人もたくさんいます。

それに、結婚はいつでもできます。そのためにいつ運命の人に出会っても堂々と恋愛できるように、常に自分をベストな状態に置いておくことです。

 
photo credit: jasonkatherine5 via photopin (license)
photo credit: Lashes via photopin (license)


PAGE TOP