婚活で確実に結婚するには

花嫁
よく聞く話に、ネット婚活で会った男性がメールでは好印象だったのに、実際会ってみると思ったよりも印象が悪かった、変な人だったなんてことがありますよね。

とにかく、相手に会ってみないと人柄がわからないというのは、婚活サイトというお見合いの性質上仕方がないことなのです。

しかし何度もこのようなことが繰り返しあると、誰と会っても同じ、また変わった人がきたらどうしようとの思いが強くなり婚活恐怖症に陥ってしまいます。

 

基本的に「結婚したい」から、婚活サイトを利用しているので、婚活サイトを利用する以上は最終目標として「結婚」に持ち込みたいのが婚活をする女性の想いですよね。

 

婚活を始めたら必ずそれ相応の成果をだしたいと願う気持ちが大事

affair

婚活する以上は必ず結婚したいと思うのは当然です。

そのためにはあらゆる方法で結婚を後押ししてくれる、結婚相談所にまずは入会することが結婚への早道です。

もしくは、経済的に厳しい人はネット婚活サイトを利用することです。

私も結婚を意識した時は、即頭の中に「結婚相談所」の文字が浮かび、思い立ったら吉日、すぐにカウンセラーにアポを取って話を聞きに支社へ向かいました。

カウンセラーの話に納得がいったので即日入会、活動後まもなく今の主人と結婚しました。

なかには結婚したいけど、婚活サービスなどを利用するのは絶対にいやという女性もいます。

そのような場所にいかなくても、お金を使わなくても絶対に相手を見つけて見せる!と自分の好きな趣味などに時間とお金を費やしている女性。

待っていれば理想の相手がどこからか必ず現れると信じて、なにもせずにずっと待ち続けている女性もいますが、おそらくその人は出会いがないまま確実に年を取って、独りのまま年老いていくのでしょう。

理想の相手をじっと待っていてもなにも起こりませんし、生活にも変化はありません。

若ければ、それなりに出会いもあるでしょうけど、その相手が必ずしも自分の考える理想の相手とは限りません。

自分から動き出さない限り運命の出会いなどないでしょう。

 

なにはともあれ自分からアクションを起こす

rose

男性が消極的な今の時代では、待つだけではなにも起こりません。

結婚相談所のアドバイザーの意見に素直に耳を傾け、もしくはブライダルネット(月会費コース3,000円/月、年会費コース30,000円/年)のような専任コンシェルジュがいるネット婚活サイトで、コンシェルジュにメールで相談をしてアドバイスを受けながら婚活脳になって積極的に動きましょう。

婚活を成功させている人は積極的にアクションを起こしている人です。

一般的に女性は受け身と捉えられますが、婚活中は恥ずかしがっていては進みません。

女性は恥じらいを持ちつつも、私はあなたにとても関心を持っていますといった素振りや態度をみせることも大切です。

 

彼からのメールになるべく早く返信をする

girl

彼からメールがきた途端すぐに返す必要はありません。そればかりやってるとちょっと怖いです。常にずっと待っているみたいで。

彼からのメールが届いたら、少し間をおいて長く待たせすぎないタイミングでメールを返したらいいと思います。

メールだけのやりとりばかりでなく、電話でもなるべく会話をすることも大切です。

電話で直接相手と話し、彼の声を聴くことで安心でき意思の疎通が深まります。

婚活期間中は生活のすべてを彼優先にすることもありませんが、遠距離恋愛でもない限りは、1週間に一度のペースで会って親交を深める方が2人の仲がより近くなれそうです。

最初はおたがいのことをほとんど知らないので、時間の許す限り会って理解し合うことがベストです。

恋愛期間中は彼との時間を大切にしましょう。

 

料理や家事を勉強しておく

bell-pepper

男性を掴むなら胃袋を掴めといわれるくらい、男性は好きな女性が作ってくれる美味しい料理に弱いです。

結婚するなら当然料理と家事能力は必須。実家暮らしや普段からレトルト食品で十分OKな女性でも結婚するならそういうわけにはいきません。

家事や料理を得意としないのであれば、今から少しずつ練習をしておきましょう。

男性は本能で「この女性を一生大切にしたい」「この女性と結婚したい」と感じた時に結婚を決断するようです。

確かにそれがすべての男性に当てはまるわけではありません、男性でも女性を条件重視で選ぶ人もいるでしょう。

ですが、家に帰った時にホッとする、疲れを癒してくれる芯の強い女性を求める部分は共通するところでしょう。

婚活をはじめたら、できるだけ早く理想の相手を見つけて、婚活を卒業したいものですよね。

待ちの姿勢でいるよりは、自分から能動的に動く方が早く結婚できそうな気がしませんか?

 

photo credit: Katsunojiri via photopin cc


PAGE TOP