年収の高い男性ばかり狙うのは危険です

1万円札

結婚生活において夫の経済力は必要不可欠だけど

女性が結婚相手を選ぶうえで、年収は大きな要素になりますよね。
結婚するなら、年収が低いよりは高い相手の方がいいに決まってます。

結婚したら専業主婦になりたい
仕事を辞めたいから、いい人がいたら早く結婚したい、
夫の給料だけでやりくりしたいから、収入の多い男性と結婚したいというアラサー女性もいるでしょう。

できれば、自分は働かずしてお昼は友達と素敵なレストランでランチをしたり、エステに通ったりブランドバッグや服を買いたい。

昔でいう、3食昼寝つき希望といったところでしょうか。

そのためには、年収は800万円から1000万円以上。
それ以下の人とは会うのもイヤ。

低収入な男性と結婚すると、専業主婦になれないしなったとすれば生活はカツカツ。

そんなの絶対にイヤ。だから絶対にお金持ちを捕まえてやるぞー!と意気込んでみても

それ相当の年収のあるハイスペックな男性は、結婚相手にもハイスペックな女性を望む傾向が高いということです。

ハイスペックな男性は、
若い
美人
スタイルが良い
頭が良い
家柄が良い
などこれらの条件を満たした女性を狙うのが普通です。

ハイスペックな男性を狙うなら、相手とつりあいが取れるように自分もそれ相当の女性になる努力と覚悟が必要です。

ですが、すべてそうとは限らずなかには、とりわけ美人や若くなくても趣味が合ったり、話が合ったりするなどの理由で選ばれる女性もいるようです。

でもこれは稀な一つの例です。やはり高収入で志が高い男性は自分に相応しい、それ相当の女性を選ぶ傾向にあるのです。

高収入でも一生安泰とは限らない

お金を数える男性の手

その一方で、男性の収入だけに頼っていては非常に危険です。
彼の年収は永遠に高いままではないかもしれません。

この不景気でいつリストラに遭ったり給料がカットされるかわからない、解雇されて給料がゼロになるかもしれません。

自営業なら仕事が減って、会社が倒産するかもしれない。
病気や事故で働けなくなるかもしれない。

人間いつどこでどうなるかなんて誰にもわかりません。

そうなってから、いざ自分も働こうとすると、長年の専業主婦生活で職歴に長年のブランクが開いている、年齢も高くなっているのでなかなか思うような仕事にも就けず、収入は途絶えて貯金を切り崩しての過酷な生活が始まるかもしれない。

今までの高い生活レベルも下げざるを得なくなることもあります。

考えただけでもぞっとしますね。

夫の収入が途絶えても、共倒れにならないようにいつでも妻も働ける、夫を支えられる状態でないといけません。

人間一寸先は闇です。

生活が破たんすることは、なにも他人ごとではありません。
いつ自分の身に降って湧いても不思議ではありません。

家事の合間に資格を取ったり、普段から世の中の動きを見据えながら、イザという時に自分がいつでも出動できる態勢を整えておくべきです。

高収入の男性と結婚したからって裕福な生活を送れるとは限らない

ネイルサロン

高収入の男性と結婚したからといって、お金がすべてあなたの自由になるわけではありません。

しっかりと財布の紐を握って、配偶者には最低限度の生活費しか渡さないという男性も少なくありません。自分の食べる分とスマホ代くらいは自分で捻出してねといわれて、泣く泣く貯金を切り崩して生活する女性もいるのです。

なんのために結婚したんでしょうね。こういう男性は自分の稼いだお金で妻を養う観点などないんでしょうね。

自分の趣味には散財し放題、釣った魚には餌を与えない。
そのような男性も多く存在します。

また、将来を見据えて金銭管理を過剰にする「ケチ」な人もいるでしょう。そんな人は一切無駄なお金は使いません。

程度にも寄るけどケチな人と一緒にいると、お金があっても心が貧しくなります。

このような男性と結婚しても、高収入を得ている男性と一緒になった気がしません。むしろストレスが溜まるばかりです。

お金が自由になる分、陰で浮気ばかりを繰り返していた、ギャンブルに狂っていた、仕事と偽ってキャバクラ通いがやめられない。

家計を任せてもらえなければ、夫がどこでいくら散財しているかもわかりませんよね。

つき合っている時に相手をよく見極めることが肝心だけど、好きになると少し疑問を感じていても片目を瞑って見てしまうもので、見て見ないふりをしてしまうものです。

見極めることはとても難しいけど、高収入にもかかわらずデートの時にお金に細かい部分が見えたら、自分のためには惜しみなくお金を使っても、妻になる人にはケチるタイプかもしれませんね。


PAGE TOP