お見合い写真を撮る時の服装

花嫁

お見合い写真1枚で結婚の運命が左右される

1枚の写真が素晴らしい出会いのきっかけになることもあります

結婚相談所や婚活サイトのプロフィールに相手の写真が公開されていれば、ほとんどの人が一番に見るのは相手の写真だそうです。

婚活では、まず最初に見てみたいと思うのが相手の顔とスタイルです。

写真から見える顔は、男女共に相手を選ぶ重要なポイントになります。

そして、写真は会ってみるかどうかを決める大切な役割を果たします。

以前は、スナップ写真を載せていた人が多かった検索型の婚活サイトでも、本気度の高い人はプロのカメラマンに撮ってもらった写真を掲載しているそうです。

まだそこまで婚活に真剣ではなく、ちょっとお試しで婚活サイトを使ってみようとか、いい人に出会えたらいいな程度の人はスナップ写真で十分かもしれませんが、真剣に相手を探している人なら、人物撮影を得意としたプロカメラマンに撮ってもらった写真の方がいいでしょう。

プロのカメラマンにの手によって、自然な表情でその人の魅力を引き出した笑顔が撮影されるので、素人が撮影したスナップ写真とはまったく異なります。

 

お見合い写真はどのような服装で撮るべきか

男性はスーツ着用がベスト。もっとも無難なスタイルですね。

もしも、スーツを持っていなければ、襟のついたシャツにジャケットを羽織るだけでも清楚な印象です。

服を買う女性その点、女性は選択肢がたくさんあり過ぎて、なにを着たらよいのかあれこれ悩むところでしょう。

一般的によくいわれるのは、顔をやさしく見せる淡い色合いの服やパステルカラーの洋服。

淡い色合いの服は肌の透明感が増し、男性から好印象を得られるようです。

ふんわり素材のワンピースやツーピース、スカートスタイルが好印象といわれます。

紺色や黒などの地味系は、あまりおススメしません。

ですが、そうはいっても人の肌の色は色白な肌だったり、浅黒い肌だったりと色々なタイプに別れるので、すべての人を一括りにして考えるのは少し違うように感じます。

要するに、自分の魅力を引き立てて、肌がきれいに見えて、顔写りの良い服装ならなんでもOKではないでしょうか。

 

フォトスタジオ

とはいえ、カジュアルなファストファッションがお気に入りであまり洋服にお金を掛けたくない、普段着ない服を買っても勿体ないなあと思うこともありますよね。

お見合い写真の撮影用だけに普段着る事のない服を買って、タンスの肥やしになるのもなんだかなあ。

そんな方のためにフォーマルなワンピースや華やかなドレス、ちょっとゴージャスめなワンピースなどをレンタルするお店があります。

百貨店で購入すると1着4万円~5万円する素敵な洋服が、1着4,980円~+送料500円でレンタルできます。

クリーニング代金なども掛かりません。

お見合い写真を撮る時やデート、婚活パーティー、結婚式のお呼ばれなどさまざまな場所に着ていく際に便利です。

わざわざ買わなくてもいいし、タンスの肥やしになることを免れるので助かりますね。



楽天市場でもこのようなお見合い写真にgoodな、婚活に向いたお洋服が結構でてきました。→婚活ワンピ

 

スカートに拘らずお好きな服装でどうぞ

スカートを履くと清楚で女性らしいイメージで見られるようで、お見合い写真を撮る時にワンピースやスカートを推奨していますが、普段スカートは履かないので、いつもどおりのスタイルに近い服装で写りたいと思う人もいるようです。

服装に対して思うことは人それぞれで、職場の制服は仕方ないとしても、普段の生活でスカートは余程のことがない限り絶対に履きたくない人もいます。

私もスカートを履くことなど考えられない人間です。

その理由は、足が太いからです。特に足首の太さは涙モノでサリーちゃん足と呼ばれています(魔法使いサリーちゃんを知らない方はググるかスルーして下さい)。

それでも20代から30代前半にかけては頑張ってスカートにヒールを履いて闊歩していましたが、30代中頃からはスカートを履くことはまったくなくなりました。

子どもの入園式と入学式は無理やりスカートのツーピースを着ましたが、スカートはそれっきり履いてません。

パンツスタイルでも黒系でかっちりしたものは、「仕事をバリバリやってそう」「近寄りがたい」とのインパクトを与えそうなので避けましょう。

 

お見合い写真にお勧めのパンツスタイル

パステルカラーのトップスに、白やベージュなどの明るめカラーのクロップドパンツにハイヒール、小ぶりなアクセサリーを少しつけるだけで十分女性らしいイメージです。

また、クロップドパンツは「上品カジュアル」ともいわれており、ひざ下の一番太い部分でカットされているので足首が細く見える効果があり、パンツスタイルのなかでも女性らしくフェミニンな仕上がりになるアイテムです。

秋冬には、トップスにはジャケットまたは、ニットのアンサンブル。

ツイードのハーフパンツにブーツを合わせると、とっても上品なスタイルになります。

 

自分に似合う色を探そう

一口に色白、色黒といっても顔立ちや瞳の色、唇の色で微妙に似合う色が変わってきますので、悩んだ時はパーソナルカラー診断をお勧めします。

パーソナルカラーとは似合う色のこと。肌の色や瞳の色が一人一人違うように、人それぞれ似合う色があります。自分に似合う色の傾向をつかみ、カラーコーディネートに活かしましょう。簡単な質問にお答えいただくと、あなたのパーソナルカラーを診断することができます。

All about【カラーコーディネート】20秒で診断!パーソナルカラー(似合う色)診断 女性編

 

まとめ

お見合い写真を写す時の服装とアクセサリーは、きれいな色でシンプルに構成することが望ましいです。

また、撮影する写真館をウェブサイトで自宅や勤務先の近くで探し、気に入ったお店があれば一度足を運んで、写真の目的をはっきりと伝えるなど相談をしてみましょう。

お店に出向くことで、お店の技量や考え方、雰囲気がわかります。

もしも、相性が悪ければ納得がいくまで、より自分のニーズに合った写真館を探してみましょう。

お見合い写真の良し悪しで、運命の人との出会いが左右されるので、納得がいく写真を撮ってもらえるお店を探すことが大切です。

「この人に会ってみたい」と思わせる写真を撮ってもらいましょう。

 

photo credit: linh.ngan via photopin cc photo credit: bruce springsteen:one step up via photopin (license)


PAGE TOP