婚活サイトを掛け持ちして出会いのチャンスを広げる

花嫁

今現在利用している婚活サイトで、思ったように出会いのチャンスがないとお嘆きのあなた。

婚活サイトは1つだけしか利用してはいけないなどのルールはありません。

ペアリング実際、婚活サイトを利用している人でも、お見合いパーティーや合コンにドンドン積極的に参加している人もたくさんいます。

今使っている婚活サイトで思ったほどの出会いがない、理想の相手に会えないと思ったら、じっと待っている必要などありません。

色々な出会いの場所に行ってみるべきです。

 

婚活戦略としてサイトの掛け持ちもありです

婚活の掛け持ちには2通りのパターンがあります

一つは、複数の婚活サイトを掛け持ちすることです。

利用している婚活サイトに必ず理想の人がいるとは限りません。

運が良ければスグにでも気に入った相手が見つかる可能性もありますが、いつまでたってもその婚活サイトで相手が見つからない場合、色んな人と出会うチャンスを広げるためにも複数の婚活サイトを利用することもありだと思います。

公務員が多い、自衛隊員が多い、高収入男性が比較的多く会員登録している、結婚を真面目に考えている会員が多い婚活サイトなど、サイト毎に特長があったりするので、色んなサイトを実際に利用してみることです。

しかし、結婚相談所を複数掛け持ちするのは金銭的な負担が余りにも大きいので、検索タイプの婚活サイトやフェイスブックなどを利用したSNS婚活などでしたら、比較的金銭的な負担を抑えることができます。

二つ目は、利用している婚活サイト内で掛け持ちすることです。

運命の人はプロフィールだけでは分かりません。実際会ってみないと相手のことはわかりません。

婚活はできるだけ多くの相手とメール交換をして、会って相性を確かめて候補を絞っていきます。

何度か会ってデートを重ねて、おつき合いするかどうか決めますが、まだ、正式に交際をスタートさせているわけではないので、デートの過程で複数の男性との掛け持ちは当たり前です。

婚活は、気に入った男性と沢山会うことが勝負です。

良いなと思った人には積極的に会ってみましょう。

しかし、その間は複数の掛け持ちをしていることを相手に知られないように努めることも、相手への思いやり、そしてマナーです。

まだ、恋愛関係にまで発展していなくても、他の相手ともやり取りしていることが、あからさまにわかったら相手も気分の良いものではありませんものね。

恋愛関係において、二股や同時進行はご法度ですが、婚活における同時進行は、結婚を前提に真剣に交際するかどうか見極めるための期間です。

ただし、1人の男性とおつき合いが決まれば、他の男性へのアプローチはやめなくてはなりません。

候補だった男性たちにはお断りを入れるのがマナーです。

今後は、交際する男性と結婚するかどうかを考えるための真剣交際が始まります。

 

婚活サイトを複数掛け持ち利用する人は結構多いようです

結婚相談所、ネット婚活サイトは大小合わせるとかなりの数存在します。

婚活サイトが存在する数だけ、利用する人もいるということです。

複数のサイトに登録すれば、それだけ理想の結婚相手を見つけるチャンスが広がるということにもなります。

サービスが充実した自分に合った婚活サイトを複数選んで色々な人と出会えるように、窓口はいくつか設けておくのも婚活を成功させるポイントです。

 

line

婚活サイトを比較

安心安全な婚活サービスを提供する会社を結婚相談所、ネット婚活、お見合いパーティーの3とおりに分けて比較しています。

各サービスごとに予算や婚活方法が異なるので、比較検討をして自分に合った婚活方法を選ぶことをおすすめします。

結婚相談所比較 ネット婚活比較 お見合いパーティー比較

photo credit: Joel Bedford via photopin cc

 


PAGE TOP