ネット婚活サイトで早く会いたがる男性への対処

ねこの背中に乗せたipadを操る人

ネット婚活でメールを始めたばかりで「会いたい」と言われたらどうする?

まだ、なにも知らない相手とスグに会うのは無理、メールである程度やりとりして会いたいと思う女性が多いのに対し、男性は、メール交換もそこそこにスグにでも会いたいと誘う人が多いようです。

メール交換1回~2回程度で「会いたい」と言われると、正直引きますし困ります。

会って話した方が早い、駄目ならさっさと次にいきたい、短期勝負を考えているのか男性にもいろいろと思惑があるでしょうけど、そのような場合は「もう少しメールを交換してから会いませんか?」とはっきりと気持ちを伝えましょう。

あなたのことを尊重する人なら、きっと気持ちをわかってくれるはずです。

もしも、それでも強引にしつこく会いたいといってくる相手なら、そこでお断りを入れてもいいと思います。

メールである程度やり取りしたら、この人と会って話がしてみたいと思うのはこの上なく自然な成り行きですが、あまりに早い段階で会いたいと言われてしまうと、戸惑ってしまいますね。

確かにプロフィールやメールの交換だけでは、そこから見えてくる相手像には限界があります。

また、長々とメールのやり取りが続くと、相手のイメージが自分の中で勝手にできあがってしまいます。

そうなる前に、メールの往復が何通以上続いたら会うとか考えずに、男性から「会いたい」とお誘いがあれば会ってみる方がいいです。

また、特に複数の男性と同時にやりとりしていると、メールの内容をそれぞれ考えたり、書いた文書を読み返して修正して、失礼のないように相手に送って…と、段々疲れてきます。

このようにメールを書くことに労力を使い、時間を費やすなら会ってみて、この人とならおつき合いしたいと考える相手と中身の濃いメールのやり取りをする方が気持ちも入るし、なによりも気が楽です。

 

長くメールを交わすよりも、相手の基本的な部分が確認できたら次は会うことです

婚活は実際に会って人柄や外見を見てみないとなにも始まりません。

彼とのメール交換が生活の一部になるくらい、長い間メール交換をして実際会ってみたら、思い描いていた人とは遥かに遠い人だったり、写真も今と違いすぎ(十数年前の痩せている時の写真を載せた)だったり、食事にいくと食べ方が下品だったり(くちゃくちゃ音を立てて食べる)、体臭がきつい人(臭いまではプロフの写真ではわかりません)だったり。

「これはないわ」と幻滅してお断りを入れたら、今まで積み重ねてきたことがすべて0になってしまいます。

結局、時間と期待感が無駄になってしまうことになります。

 

会う時に気をつけること

ネット婚活サイトにはさまざまな人がいます。

紳士的な振る舞いをする人もいれば、最初から「素」をだす人もいます。

メールであれだけ盛り上がって話をした仲なのに、実際に会ってみると無口だったり、ボディタッチが激しく目つきがいやらしい人など。

普通では考えられないような思考の持ち主の男性もいるので、話をしてみて変だと思ったら「用事ができたからこれで失礼します」とその場を離れましょう。

デートの場所に車でやってくる男性もいます。

帰り道、家の近くまで送りますといわれても、丁寧に断って交通機関を使って帰りましょう。

赤ずきんちゃん「男はオオカミ」との名文句があります。相手を外見で判断してはいけません。

また、夜は避けて、昼間の明るいうちに会いましょう。

会社帰りの夕方から夜にかけて会うことになった場合は、人が沢山集まるホテルのロビーや明るい店内のレストランなどがお勧めです。

暗い場所で二人きりになって、いきなり抱きつかれたなんて話もありますから。

信用できるまでは家の住所を教えたり職場を具体的に教えたりしない方がいいです。

男女間にトラブルはつきもの。個人情報を知られていては、何かあった時に面倒な事態に遭遇しかねません。

男女間で揉めた時、感情的になった相手が付きまとったり職場にやってきたりすることもあると不測の事態を想定して行動しましょう。

どんな男性にも個人情報を一切教えないことは、婚活サイトでは基本中の基本です。

photo credit: Veronica Belmont via photopin cc


PAGE TOP