婚活サイトで相手へのメール交換の上手な断り方

NO
相手と話が合わなくてメール交換をフェードアウトしたいけど、なんだかモヤモヤすると思ったらお断りのメールを送りましょう。

会う気のない人と不毛なメール交換を続けていても、時間の無駄です。

 

会う気がなかったらはっきりと断る

パソコンを打つ男性婚活サイトでは、メールを送ってアプローチしてくる男性すべてが自分のタイプというわけにはいきません。

メールを送ってきた男性のプロフィールを見て、自分の求めている人とは違う、好みじゃないと感じたら会おうとはしませんよね。

何度かメールのやり取りをしたものの、この人とは会いたくない、話が合わないと感じてメール交換を断る場合、言い出しづらくて自然とフェードアウトさせてしまうケースが多いようです。

確かに言いづらい気持ちはわかります。
はっきりと理由を書くと相手を傷つけるかもしれない、もしくはイチイチ説明するのは面倒と感じるかもしれません。

 

「察してちゃん」にならない

感が良い男性なら、何度メールを送っても返事が返ってこなければ、自分に気がないのだと気づくはずですが、正直に気持ちをストレートに伝えないとわからない男性もいます。

「なぜ返事がこないのだろう?」「体調崩して家で寝込んでないか?」「仕事が忙しいの?」などと考えながらメールの返事をひたすら待っていて、毎日メールをチェックする度にがっかりしているかもしれません。

このような男性もいますので、早いうちにお断りのメールを送ってあげましょう。

女性が、メールの返信をしたくなくて、自然消滅させようと思っているとはこれっぽっちも考えていないかもしれません。

感が働く男性ばかりではないので、メールの内容に誠意を感じられるなら、なるべく、お断りの返事を送ってあげてください。

フェードアウトした心算でも、フェードアウトされたことに気がつかづ、何度も送ってくるメールに対して無視を決め込むことに罪悪感を感じる人ならなおさら、相手にメールの返事を返してあげましょう。

それで心の中がスッキリしませんか?

 

お断りの返事は深く考えずに簡潔に書きましょう

断る理由を正直に書く必要はありません。ですが、今後一切メールを送ってくることがなくなるような、お断りのメールを送りましょう。

「ごめんなさい、あなたよりも気が合う方と出会ってしまいました。○○さんも良い人にめぐり逢えるといいですね。」

「気になる人ができました」など、「他の異性に出会ったのでお会いできません」、または、「あなたとメールしていても、合わないのでこれでメールはやめさせてもらいます」くらいのことを書く方が、相手も潔く諦めてくれそうです。

婚活中なので、ほかに気になる人が現れるのは当たり前です。

相手の男性もあなたの知らないところで、何人もの女性とメール交換したりデートしたりしているかもしれません。

このようパターンもありきなので、お断りすることに罪悪感を持つ必要はまったくありません、おたがいさまです。

ですが、相手の今後のことを思って、彼とメール交換をしていて何がどのように至らなかったのかを率直に指摘してあげることが、彼の今後の婚活につながることになるので、意見してあげることで彼が同じ失敗を繰り返さなくて済みます。

不器用で恋愛経験も少ない男性は、時にKYなことをメールに書くことがあります。本人はまったく悪気がなく、なぜ女性にお断りされたのかさえわからない男性もいます。

彼の将来のためにも勇気をだして本当のことを正直に書いてあげてもいいかもしれません。

本人を目の前にして言えないことも、メールなら書ける。それがネット婚活の良い部分でもあります。

メールで気が合わない、おつき合いをする気がないのなら、相手にどう思われても気持ちをはっきりと伝えた方がおたがいのためです。

そして、次の相手を見つけて前に進みましょう。

photo credit: boltron- via photopin cc


PAGE TOP