結婚相談所のデメリット

白い花瓶

結婚相談所のデメリット…それはズバリ!料金が高いことにあるでしょう。

結婚相談所への入会金は初回入会金が10万円~20万円(登録・活動初期費用などを含む)、月会費は10,000円~20,000円程度のお金が必要になります。

その他に希望者のみですが、パーティーやイベント、オプション費用など別途料金がかかってきます。

成婚料も相談所によりけりですが50,000円~300,000円程度かかる場合もあります。
医師や弁護士との成婚料は、それなりにかなり高額なところもあります。

 

経済的に困窮しないためにも結婚相談所に在籍する期間を決めることが得策です

経済力や価値観は人それぞれ違いますが、入会→成婚となると、トータルがかなり高額な経費となります。
また、婚活が長期に及ぶと、毎月の会費が負担になってくる場合もあります。

経済的に余裕があり婚活で色々な人と出会うことを楽しめる人であればいいのですが、ほとんどの人にとって結婚相談所の利用料金は決して安い金額ではありません。

たとえば、結婚相談所では1年~2年婚活しても結婚したいと思える人が見つからなかったら、今後かかってくる経費を考えて月会費の安いネット婚活にシフトすることも選択の一つです。

 

入会前のカウンセリング、説明に時間がかかる

資料請求後に結婚相談所に出向いて、会社の雰囲気などを確認。

担当者からサービスや費用、活動プランなどについて念入りに説明を受けます。

自分に合った活動スタイルを知るための過程ですが、担当者としっかりと話し合うためにかなり時間が取られます。

担当者の説明に納得し入会となれば更にまた、入会手続きに時間がかかるので時間の余裕が必要です。

 

専任アドバイザーと合わないこともある

結婚相談所では、成婚まで面倒を見てくれる専任アドバイザー・コンシェルジュといわれる人が1人付きます。

ほとんどの結婚相談所では専任アドバイザーが、会員の希望に沿った相手を見つけるために熱心に働いてくれますが、専任アドバイザーもやはり一人の人間です。稀に波長が合わない、自分の性格に合わない人が専任アドバイザーに付いてしまうこともあります。

こればかりは、専任アドバイザーと対話をしてみないことにはわかりません。

そういった場合、大手の結婚相談所であれば専任アドバイザーの交代に応じてもらえます。

専任アドバイザーと合わないからと退会する人もいますが、退会してしまっては入会金や今まで払ってきた月会費が勿体ないです。

専任アドバイザーの交代はよくあることなので、言い出しにくいとか考えずにはっきりと結婚相談所に申し出ましょう。

折角決意して入会した結婚相談所ですから気持ち良く対応してくれて、堅実で親身になってくれる、話のしやすい専任アドバイザーと共に婚活していきたいものです。

人気の結婚相談所を比較してみました

photo credit: yvestown via photopin cc


PAGE TOP